フレンチブルドッグブリーダー子犬販売   みんなのペットライフ - フレンチブルドッグ    みんなのペット健康専門店 - ドッグフード・犬用品の通販

フレンチブルドッグ


英語表記
French Bulldog

原産国
フランス

サイズ
中型犬

グループ
9G

体高
26cm~31cm

体重
10kg前後

フレンチブルドッグの歴史

マスチフやブルドッグの祖先はローマ帝国時代のモロシア犬とされていますが、19世紀後半、イギリスで作られたイングリッシュ・ブルドッグがフランスに持ち込まれ、パリの繁殖家が交配を重ねた結果うまれたのがフレンチブルドッグであると広く言われています。
この説には異論もあり、ベースとなった犬はイングリッシュ・ブルドッグではなく、フランスやスペインなど欧州南部に古くから存在したマスチフ系の闘犬であるという説で、特にフランスでは支持されているようです。

いずれにしても、イギリス原産のブルドッグを異種交配して選抜し、現在のフレンチブルドッグを作出したのはフランスでのことです。闘犬の血統から生まれたブルドッグやマスティフに、平和な気質のパグや陽気な小型テリアを交配し、家庭犬に向いた穏やかな性格とユニークな姿を与え、愛すべき存在に作り上げたフランスの功績が大きいことには、異を唱える向きもないでしょう。

近年ではその落ち着いた性格と無駄吠えの少なさ、特に暑い時期の運動量が少なくて済むことや短毛で手入れがしやすいことから、都市部では世界的に人気が高まっています。
アメリカの犬種団体AKCの発表では、2003年の登録数ランキングが54位であったものが、2008年には26位、2013年には11位と、年を追うごとにオーナーが増えているようです。

フレンチブルドッグの特徴

フレンチブルドッグは、頭が大きく、大きな耳が立っていて、しっぽは短く、四肢と胴体は筋肉質でがっちりとしています。
短毛で全身が覆われています。
体重は8~14kgが理想とされていますが、体高は体重とのバランスで規定されているようです。
手足、胴体ともに短く構成されていることが大切です。

フレンチブルドッグ独特の大きな耳は「バット・イヤー(こうもり耳)」と呼ばれる形ですが、フレンチブルドッグが品種として固定されるまでの間、ブルドッグの特徴的な耳「ローズ・イヤー(耳先が巻いて耳朶が見える)も認められていました。アメリカの繁殖家たちがこれに異議を唱え、フレンチブルドッグの耳はバット・イヤーが標準であるとして、固定されたといういきさつがあります。

フレンチブルドッグの性格

フレンチブルドッグは、いかつい風貌と異なる愛情深い性質があり、家族とともに過ごすことを好みます。
また、とぼけたような外見を裏切らないユニークな行動を見せます。
穏やかで思慮深く、神経質な面は少なく、無駄吠えが起こりにくい個体が多いようです。
他犬には平和的でフレンドリーですが、家族以外の人にはすぐに懐くことは少ないかもしれません。

フレンチブルドッグの飼い方

フレンチブルドッグの犬種標準で認められている毛色は、フォーン(単色)、ブリンドル(混色)、これらの色にわずかに白斑のあるもの、パイドが認められます。全体に白が多い時はパイドに分類されます。
パイドとは、白地にフォーン又はブリンドルのいわゆる「ぶち」がある色です。
フォーンの色調はレッドからライト・ブラウンとあります。
なお、白が極端に多いパイドの場合、遺伝病が出やすい傾向がありますので、繁殖に使うことは認められていません。

フレンチブルドッグの毛色

フレンチブルドッグは活発ではありますが、短吻種であり、がに股の体型で股関節に負担がかかることがあるため、散歩や運動のさせすぎは禁物です。
特に気温の高い季節は日々の散歩はほどほどに、室内などで飼い主とのコミュニケーションをはかりながら、遊びを中心に軽い運動を加えるのが良いでしょう。

毛が短いのでブラッシングの手入れはひんぱんに行う必要はありませんが、暑さ寒さに弱く、寒冷地域での気温の低い季節は、服を着せるなどの工夫が必要になるでしょう。
顔のしわには汚れがたまりやすく、においや炎症のもとになりますので、ていねいにふき取ってあげましょう。

フレンチブルドッグは穏やかな性質で人間と生活がしやすいものの、思慮深い点は時に頑固さに変わります。
柔軟性の高い子犬のうちに、家族としっかりコミュニケーションを重ねてしつけをし、犬からの信頼を得るようにしたいものです。

フレンチブルドッグの気を付けたい病気

フレンチブルドッグのような短吻種は呼吸器が短いため、体温調節がしにくい体型であることが知られています。
そのため、呼吸不全が原因の熱中症になりやすいことがあげられます。
特に暑い時期や、温暖地方では体温調節に気を配ってあげましょう。

また、軟口蓋過長症といって、のどの上の肉が垂れ下がってきて気道を狭くしてしまうことがあります。健康な場合でもいびきやふがふがという呼吸音はしますが、ひんぱんにするようになったら、よく注意して早めに受診しましょう。

短毛で通気は良い一方で、皮下に紫外線が届きやすく、虫刺されや接触アレルギーなども起こりやすいため、皮膚病にかかりやすい傾向があります。夏の時期は無理な散歩は控え、皮膚の変化に注意しましょう。

フレンチブルドッグは目が大きいという特徴から、結膜炎や角膜炎が起こりやすく、遺伝性疾患により目が突出するチェリーアイなども見られます。日頃からよく注意して観察し、気になることがあれば早めに受診するようにしましょう。

フレンチブルドッグの価格相場

グループサイト、『みんなのフレンチブルドッグブリーダー』における、直近1年間の子犬ご成約時の平均価格は約34万円、最高価格は75万円、最低価格は12万円です。
※一般的に子犬の価格は犬種スタンダードに近いかどうか、血統、顔、毛色、体の大きさ、月齢などの要因で変動します。


フレンチブルドッグの名前ランキング

2016年

男の子

1位
大福
2位
小鉄
3位
Boo
4位
いち
5位
うめ吉
6位
けんと
7位
こてつ
8位
ちび
9位
とこま
10位
のれ

女の子

1位
すもも
2位
ふく
3位
あんこ
4位
いちご
5位
うた
6位
かりん
7位
こはる
8位
こまち
9位
つくね
10位
ぽむ

2015年

男の子

1位
大福
2位
MAX
3位
あられ
4位
げん
5位
こてつ
6位
ふく
7位
ぼぶ
8位
むさし
9位
もん
10位
ゆず

女の子

1位
あんこ
2位
あんず
3位
うらん
4位
きなこ
5位
こうめ
6位
こつぶ
7位
こまめ
8位
こゆき
9位
ちくわ
10位
つぶら

フレンチブルドッグの子犬画像・写真

子犬情報から、子犬に優しいブリーダーが直販するグループサイト 『みんなのフレンチブルドッグブリーダー』子犬紹介ページへと移動します。 ※みんなの犬図鑑では子犬に優しいブリーダー直販を推奨しています。

フレンチブルドッグのブリーダーを見る

ブリーダー情報から、グループサイト 『みんなのフレンチブルドッグブリーダー』ブリーダー紹介ページへと移動します。 ※みんなの犬図鑑では子犬に優しいブリーダー直販を推奨しています。

  • 動物取扱業登録番号
    北海道 第101110169号 (確認済み) ※有効期限:2022/03/15
  • 動物取扱業登録番号
    動保第130122号 (確認済み) ※有効期限:2018/08/21
  • 動物取扱業登録番号
    茨城県第1502号 (確認済み) ※有効期限:2017/10/10
  • 動物取扱業登録番号
    第64-0217号 (確認済み) ※有効期限:2021/06/01
  • 動物取扱業登録番号
    第51177号 (確認済み) ※有効期限:2019/02/06
  • 動物取扱業登録番号
    京都府登録第040001-1号 (確認済み) ※有効期限:2021/06/29
  • 動物取扱業登録番号
    動保第160531号 (確認済み) ※有効期限:2022/03/29
  • 動物取扱業登録番号
    茨城県第1085号 (確認済み) ※有効期限:2019/02/18
  • 動物取扱業登録番号
    大阪府登録 第6-1号 (確認済み) ※有効期限:2021/05/31
  • 動物取扱業登録番号
    16東京都販第100467号 (確認済み) ※有効期限:2021/12/26
  • 動物取扱業登録番号
    第31115号 (確認済み) ※有効期限:2017/05/20
  • 動物取扱業登録番号
    動愛第857号 (確認済み) ※有効期限:2019/07/19
  • 動物取扱業登録番号
    北海道第010610031号 (確認済み) ※有効期限:2022/01/21
  • 動物取扱業登録番号
    第4076100015号 (確認済み) ※有効期限:2017/05/27
  • 動物取扱業登録番号
    第1604113011号 (確認済み) ※有効期限:2021/12/05
  • 動物取扱業登録番号
    兵動第0621017号 (確認済み) ※有効期限:2021/08/20

フレンチブルドッグへのおすすめ商品

商品情報から、グループサイト 『みんなのペット健康専門店』商品ページへと移動します。 ※フレンチブルドッグにおすすめの人気商品をご紹介しています。

フレンチブルドッグの飼い主さんによるブログ

下のリンクよりグループサイト『みんなのフレンチブルドッグブリーダー』ブログ紹介ページへ移動します。 ※フレンチブルドッグの飼い主さんによるブログをご紹介しています。

> フレンチブルドッグの飼い主さんブログ紹介を見る

フレンチブルドッグの関連犬種

みんなのペットコミュニティ ミテミテみんなのペットコミュニティ ミテミテ みんなのペット保険みんなのペット保険