ブルドッグブリーダー子犬販売   みんなのペットライフ - ブルドッグ    みんなのペット健康専門店 - ドッグフード・犬用品の通販

ブルドッグ


英語表記
Bulldog

原産国
イングランド(イギリス)

サイズ
中型犬

グループ
2G

体高
33cm~41cm

体重
25kg前後

ブルドッグの歴史

13世紀頃のイギリスで、牛を屠殺する時に、犬によって痛めつけられる姿を観て娯楽にしていた時代がありました。ブル(牛)・ベインディング(咬み付く)という見世物で、この時に使われていた犬がブルドッグの祖先と考えられています。17世紀ごろにその存在が認められ、18世紀には絵画の中にも登場しますが、この当時のブルドッグはまだ短足ではなく、余分な皮膚が余っていることもなく、口吻こそ短いものの、特徴的なアンダーバイトでもありませんでした。
19世紀前半になると、ブル・ベインディングは庶民の娯楽にもなり、選択交配が進むことで、短足・余剰皮膚・アンダーバイトでより口吻の短い、現在のブルドッグに近いスタイルに少しずつ変化していきました。

しかし、1835年になると、動物愛護の観点からブル・ベインディングは禁止されることになりました。お役御免となったブルドッグたちは、存在理由が失われて繁殖されなくなり、一時は絶滅の危機にあったほどでしたが、一部の愛好家たちの手により、時代に合った犬へと大きく改良が進められることになりました。
肉体ばかりでなく、性格的にも闘いに向いた気質を選抜されてきたブルドッグたちから、闘争心や攻撃性を抜き去ることに成功すると、いかにも怖そうな外見に反して優しくなったブルドッグたちは、家庭犬として人気を得るようになりました。ユーモラスさを強調するためずんぐりして頭が大きい容姿の選択交配にも拍車がかかり、現在のブルドッグとほぼ同じ形になりました。

攻撃性を抜いても頑固で忠実な気質はそのまま残り、イギリスを象徴する国犬となって、フレンチ・ブルドッグやブルテリアなどの犬種作出にも使われるようになりました。
イギリスでは海軍のマスコットとして、アメリカではニューヨーク州のレスキューのシンボルマークに、勇気と不屈の精神を象徴するブルドッグが使われています。
わが国でソースのシンボルマークになったのは大正末期ですが、ソース発祥の地のイギリスでブルドッグが家庭犬として人気を博していたことから採用されたのだそうです。

ブルドッグの特徴

ブルドッグは肉づきがよくがっしりしていますが、肥満であってはいけないとされています。足が短く重心が低く安定感があり、肩幅は広く、大きな頭部を持ちます。
被毛はスムースで、耳は独特の形に立っており、口吻は極めて短く、アンダーバイトです。
オスは体重25kg、メスは23kg程度が標準とされています。

ブルドッグの性格

ブルドッグにはおっとりとしていて、頑固さにも通じる物事に動じない精神的な強さがあり、飼い主に対する強い忠誠心と愛情深さがあります。
陽気な一面もあり、忠実な振る舞いや容姿とのギャップが笑いを誘います。
知らない人に愛想よく振る舞うことは少ないものの、警戒心も少ないため、見かけと異なり番犬には向かない犬種です。

ブルドッグの飼い方

ブルドッグは走ったり遊んだりすることはあまりありませんが、飼い主と共に活動することを好みます。
体重管理の必要がありますので、朝晩の涼しい時間を選んで、毎日30~1時間程度のゆっくりとした散歩を行うようにしましょう。
ただし、日本の高温多湿の夏は、ブルドッグにとって非常に厳しい季節になりますので、無理に外出することはよくありません。また、関東以南では冷房のない部屋での飼育は難しいと言わざるを得ません。

頑固でしつけや訓練は入りにくいものの、性格は優しく温和ですので、室内トイレなどは根気よくしつけるようにしましょう。

被毛は厚いものの短毛であるため、手入れは楽です。毛の手入れよりは皮膚の手入れが重要で、しわの間に汚れがたまらないように、こまめにふき取ってあげましょう。

ブルドッグの毛色

毛色はブリンドル、レッド、フォーン、ファローの単色か、単色にブラックのマスクとマズル、ホワイトと各色のパイドがります。
単色は非常に少なく、多くは単色にホワイトの組み合わせです。
意外なようですが、毛色のブラックは好ましくないとされています。

ブルドッグの気を付けたい病気

ブルドッグの病気で非常に起こりやすいものは、皮膚病・チェリーアイ(しゅん膜脱出)・呼吸器障害の3つで、多くのブルドッグが生涯のうちにこれらの病気にかかるとさえ言われています。

チェリー・アイとは、犬の目頭にあるしゅん膜という膜が赤くはれて目の外に脱出してしまった様子が、さくらんぼうのような形状を示すことからつけられた病名です。
遺伝的な素因が強いものの、選択交配で無くしていこうとすれば目の形が変わってしまうなど非常に難しいとされていますので、外科的措置を取ることが多いようです。この場合、しゅん膜を切り取ってしまうとドライアイのリスクが高くなるため、国内外の獣医師によって様々な治療の工夫が模索されているようです。

呼吸器障害は、短吻種全体に見られる疾患で、鼻腔狹窄や軟口蓋過長などにより、気道が狭くなって呼吸困難になるということが多く見られます。いびきや呼吸音が大きくなってきたら、動物病院で診断してもらいましょう

皮膚病の予防には、しわの間に汚れがたまることで、雑菌が繁殖して起こることが多いようです。日頃からこまめにふき取り、脂性分や水分がたまらないようにしてあげましょう。

ブルドッグの価格相場

グループサイト、『みんなのブルドッグブリーダー』における、直近1年間の子犬ご成約時の平均価格は約40万円、最高価格は86万円、最低価格は17万円です。
※一般的に子犬の価格は犬種スタンダードに近いかどうか、血統、顔、毛色、体の大きさ、月齢などの要因で変動します。


ブルドッグの名前ランキング

2016年

男の子

1位
かんち
2位
ギブ
3位
タンク
4位
レオ
5位
三郎丸
6位
半蔵
7位
大吾郎
8位
渡邉
9位
雷電
10位

女の子

1位
Boo
2位
おはぎ
3位
さくら
4位
ゆき
5位
6位
7位
8位
9位
10位

2015年

男の子

1位
Ace
2位
BAW
3位
ボス
4位
ボブ
5位
マリン
6位
文太
7位
甘太郎
8位
9位
10位

女の子

1位
Poo
2位
あり
3位
べにい
4位
アニタ
5位
イブ
6位
小春
7位
雪子
8位
9位
10位

ブルドッグの子犬画像・写真

子犬情報から、子犬に優しいブリーダーが直販するグループサイト 『みんなのブルドッグブリーダー』子犬紹介ページへと移動します。 ※みんなの犬図鑑では子犬に優しいブリーダー直販を推奨しています。

ブルドッグのブリーダーを見る

ブリーダー情報から、グループサイト 『みんなのブルドッグブリーダー』ブリーダー紹介ページへと移動します。 ※みんなの犬図鑑では子犬に優しいブリーダー直販を推奨しています。

  • 動物取扱業登録番号
    第227214006 (確認済み) ※有効期限:2019/07/01
  • 動物取扱業登録番号
    松販第23-4号 (確認済み) ※有効期限:2021/12/01
  • 動物取扱業登録番号
    第68-0211号 (確認済み) ※有効期限:2019/06/12
  • 動物取扱業登録番号
    動本第817号 (確認済み) ※有効期限:2022/01/24
  • 動物取扱業登録番号
    12東京都販第001663号 (確認済み) ※有効期限:2017/06/19
  • 動物取扱業登録番号
    動保第110594号 (確認済み) ※有効期限:2017/03/29
  • 動物取扱業登録番号
    動愛第857号 (確認済み) ※有効期限:2019/07/19
  • 動物取扱業登録番号
    大阪第110054A (確認済み) ※有効期限:2021/11/01
  • 動物取扱業登録番号
    第68-0241号 (確認済み) ※有効期限:2021/08/11
  • 動物取扱業登録番号
    新潟県南魚保第1501007号 (確認済み) ※有効期限:2020/05/28
  • 動物取扱業登録番号
    23第66-03003231号 (確認済み) ※有効期限:2017/03/18
  • 動物取扱業登録番号
    第560号 (確認済み) ※有効期限:2022/03/18
  • 動物取扱業登録番号
    熊本県天保H24販売第3号 (確認済み) ※有効期限:2017/05/27
  • 動物取扱業登録番号
    第0412 30034 005号 (確認済み) ※有効期限:2017/06/03
  • 動物取扱業登録番号
    第06-1-36号 (確認済み) ※有効期限:2017/03/29
  • 動物取扱業登録番号
    第227609011号 (確認済み) ※有効期限:2020/01/12

ブルドッグへのおすすめ商品

商品情報から、グループサイト 『みんなのペット健康専門店』商品ページへと移動します。 ※ブルドッグにおすすめの人気商品をご紹介しています。

ブルドッグの飼い主さんによるブログ

下のリンクよりグループサイト『みんなのブルドッグブリーダー』ブログ紹介ページへ移動します。 ※ブルドッグの飼い主さんによるブログをご紹介しています。

> ブルドッグの飼い主さんブログ紹介を見る

ブルドッグの関連犬種

みんなのペット保険みんなのペット保険