イングリッシュコッカースパニエルブリーダー子犬販売   みんなのペットライフ - イングリッシュコッカースパニエル    みんなのペット健康専門店 - ドッグフード・犬用品の通販

イングリッシュコッカースパニエル


英語表記
English Cocker Spaniel

原産国
イングランド(イギリス)

サイズ
中型犬

グループ
8G

体高
38cm~41cm

体重
13kg~15kg

イングリッシュコッカースパニエルの歴史

イギリスには古くから土着のスパニエルがいました。そのうち、ランド・スパニエルと呼ばれる陸地での猟に使われていた犬たちの仲間が、イングリッシュコッカースパニエルの祖先と考えられています。
様々な役割を与えられる猟犬の中でも、イングリッシュコッカースパニエルの仕事は、ひそんでいる山鳥を飛び立たせ、撃ち落とされた鳥を回収するのが主な仕事でした。
もともとは、イングリッシュスプリンガースパニエルと同じ犬種とされていましたが、大きさの違いが猟における役割の違いとなっていったため、1892年、イギリスケンネルクラブは、この犬種を別の2犬種として分けることになりました。

その後、イングリッシュコッカースパニエルはアメリカにわたりますが、独特のウェーブのある長毛と小型でしっかりした体つきが好まれ、愛玩犬らしい改良が施されました。
獲物を回収するために長くできていた口吻は小さくなるように、毛並みはより装飾的に、頭は丸く、サイズはより小さくと、猟犬らしさをそぎ落とそうとしましたが、これにイギリスの愛好家たちが異を唱えました。
2つの国の愛好家たちの意見には折り合いがつかず、アメリカにわたって選択交配が進められたイングリッシュコッカースパニエルたちは、アメリカンコッカースパニエルとして独立することになりました。アメリカでは逆に、アメリカンコッカースパニエルこそが本筋であり、イングリッシュコッカースパニエルは亜種であるとして、アメリカンケンネルクラブへの登録も1946年と比較的最近になって登録されることになりました。
しかし、今日においても、アメリカ以外の国では「コッカースパニエル」と言えばイングリッシュコッカースパニエルを指します。

イギリスでの名称には「イングリッシュ」はつかず、代わりに犬種団体名に定冠詞Theがついて、われわれこそコッカースパニエルの本流であるとアピールしているかのようです。
名称の元となったコッカーとはヤマシギという鳥を意味し、ヤマシギ猟に使われるスパニエルという意味でこの名がついています。
日本では長い名称を縮めた愛称として「インギー」と呼ばれることも多くあり、対するアメリカンコッカースパニエルを「アメコカ」と呼んでいます。

イングリッシュコッカースパニエルの特徴

イングリッシュコッカースパニエルは長毛、垂れ耳の中型犬で、がっしりとした骨太の体躯を持ちます。
体高が体長よりやや長く、洗練された見かけによらず、スポーティな足取りで力強く歩きます。
体高はオスが39~41cm、メス38~39cm、体重は約12.5kg~14.5kgが標準とされています。

イングリッシュコッカースパニエルの性格

イングリッシュコッカースパニエルは明るく元気な遊び好きで、体力が非常にあります。
飼い主には従順で、家族には愛情深く接しますが、やや繊細な面があります。

イングリッシュコッカースパニエルの飼い方

イングリッシュコッカースパニエルは猟犬としての性質をあえて残されている犬種であるため、非常に多くの運動が必要です。
少なくとも1日に1時間以上の散歩と、ボール遊びなどのゲームやドッグランなどでの自由運動があればなおよいでしょう。

賢く従順ですのでしつけは入りやすく、訓練性能も良い方です。
先天性疾患である激怒症候群(レイジ・シンドローム)の好発犬種であるため、発症時に疾患との区別をつけるためにも、若齢期から訓練を行っておきましょう。

被毛はダブルコートで、特に換毛期には良く抜けます。
できれば毎日、少なくとも週に2~3日はブラッシングをしてあげましょう。
また、垂れ耳で外耳炎が起こりやすいので、耳に触れても嫌がらないように子犬の頃から慣らしておき、定期的に耳掃除をしてあげましょう。食事のじゃまになるために耳カバー(スヌード)をつけることがありますが、つけっぱなしにしてはいけません。

イングリッシュコッカースパニエルの毛色

イングリッシュコッカースパニエルにはブラック、タン、ローン(地色と混ざっていること)、レッド、オレンジ、レモンなどの単色と、これらのバイカラーがあります。

イングリッシュコッカースパニエルの気を付けたい病気

イングリッシュコッカースパニエルは、遺伝性疾患が非常に多い犬種です。

聴覚・視覚障害の原因になる遺伝子として、毛色を白くする遺伝子があります。ダックスフンドでのパイボールドやダップル、シェルティやボーダーコリーのマールなどが良く知られていますが、イングリッシュコッカーではローンと呼ばれる、白い毛と単色の毛の混ざった霜降り状の毛色で、これらの障害が起こりやすいことが知られています。
一方、ソリッドカラーでは、先天性激怒症候群(レイジシンドローム)が起きやすい傾向があるとされています。
もともとは同じ犬種であり、同じ毛色をもつイングリッシュ・スプリンガースパニエルでは、イングリッシュコッカーよりさらに起きやすい傾向があるとされています。なお、イングリッシュコッカーでは、てんかんやセロイドリポフスチン蓄積症なども起こりやすいとされており、これらの症状にも激怒や興奮が見られることから、遺伝的素因を強く疑われているようです。

イングリッシュコッカーでは、緑内障や白内障、チェリーアイなどの眼病も多く発生することが知られています。通常、白内障は高齢期になってからかかる疾患ですが、若年性白内障では5才くらいから白濁が始まります。
白内障の場合は点眼薬で進行を遅らせる処置が多く行われますが、若い頃から進行する場合は老齢期には失明する可能性が高まるため、水晶体の濁りを取り除いて人工レンズを入れるなどの手術を勧められる場合があります。

その他に、脂漏性皮膚炎、肝炎、膵炎、心臓病など、様々な遺伝性疾患との関連が指摘されています。
いずれの場合も、早期発見と適切な対策が必要です。

イングリッシュコッカースパニエルの価格相場

グループサイト、『みんなのイングリッシュコッカースパニエルブリーダー』における、直近1年間の子犬ご成約時の平均価格は約26万円、最高価格は29万円、最低価格は18万円です。
※一般的に子犬の価格は犬種スタンダードに近いかどうか、血統、顔、毛色、体の大きさ、月齢などの要因で変動します。

イングリッシュコッカースパニエルのブリーダーを見る

ブリーダー情報から、グループサイト 『みんなのイングリッシュコッカースパニエルブリーダー』ブリーダー紹介ページへと移動します。 ※みんなの犬図鑑では子犬に優しいブリーダー直販を推奨しています。

  • 動物取扱業登録番号
    茨城第1513号 (確認済み) ※有効期限:2017/10/22
  • 動物取扱業登録番号
    栃木県動愛セ 06販第254号 (確認済み) ※有効期限:2022/03/31
  • 動物取扱業登録番号
    栃木県動愛セ 06販第027号 (確認済み) ※有効期限:2021/08/31
  • 動物取扱業登録番号
    北海道 第120810113号 (確認済み) ※有効期限:2019/01/27
  • 動物取扱業登録番号
    四販第19-8号 (確認済み) ※有効期限:2017/04/25
  • 動物取扱業登録番号
    平28周健第5-1-6号 (確認済み) ※有効期限:2022/03/27
  • 動物取扱業登録番号
    第41600070号 (確認済み) ※有効期限:2018/03/10

イングリッシュコッカースパニエルへのおすすめ商品

商品情報から、グループサイト 『みんなのペット健康専門店』商品ページへと移動します。 ※イングリッシュコッカースパニエルにおすすめの人気商品をご紹介しています。

イングリッシュコッカースパニエルの飼い主さんによるブログ

下のリンクよりグループサイト『みんなのイングリッシュコッカースパニエルブリーダー』ブログ紹介ページへ移動します。 ※イングリッシュコッカースパニエルの飼い主さんによるブログをご紹介しています。

> イングリッシュコッカースパニエルの飼い主さんブログ紹介を見る
みんなのペットコミュニティ ミテミテみんなのペットコミュニティ ミテミテ みんなのペット保険みんなのペット保険