ブリュッセルグリフォンブリーダー子犬販売   みんなのペットライフ - ブリュッセルグリフォン    みんなのペット健康専門店 - ドッグフード・犬用品の通販

ブリュッセルグリフォン


英語表記
Brussels Griffon

原産国
ベルギー

サイズ
超小型犬

グループ
9G

体高
20cm前後

体重
3kg~5kg

ブリュッセルグリフォンの歴史

ブリュッセルグリフォンの犬種名にある‘グリフォン’はとがったもの、細長いものを指すフランス語で、転じて粗い被毛を表しています。歴史上、最初のブリュッセルグリフォンが記録されたのは15世紀に描かれた絵画の中ですが、それ以前はどのような成り立ちであったのかははっきりとしていません。基礎となった犬は「グリフォン」と名が付くベルギー土着の犬たちやアーフェンピンシャーではないかと推測されています。食物を荒らす害獣であるネズミ退治のため、一般家庭で飼われていた犬でしたが、小さく愛らしい姿や明るくひょうきんな性格から、次第に上流階級の家庭でも飼育されるようになりました。

19世紀になると、この犬種の魅力をさらに高めようと、当時流行していた短吻種と交配させて鼻ぺちゃの顔立ちにしようと試みられました。そこでパグを交配し、さらにヨークシャーテリアキャバリアとの交配が行われるようになると、グリフォンはネズミ捕りの仕事をすっかり忘れてしまいました。また、パグとの交配のために短毛の個体も生まれるようになり、ヨークシャーテリアとの交配は毛色の黒い個体を生み出しました。

同じ母犬の同腹同胎子でありながら、毛色や毛質が大きく違う兄弟として生まれた彼らには、やがて別の名前が与えられました。短毛のものを「プチ・ブラバンソン」、黒毛のものを「ベルジアングリフォン」と区別して呼ぶようになり、原産国のベルギーではこれらをすべて別の犬種として扱うことにしたのです。FCI国際畜犬連盟もこの考え方に準じていますが、他国ではまた異なる考え方をもち、3犬種とも同じ犬種として扱う国、短毛のブラバンソンと長毛のグリフォンを分けて2犬種とする国などがあります。
日本ではFCIの考え方に合わせて、3種類の犬種として扱っています。

ブリュッセルグリフォンの特徴

体長と体高がほぼ同じ長さのスクエアな体型で、体の割に大きな頭部です。丸い頭部で、ストップがはっきりしている極端に短いマズルです。耳は垂れ耳で、断耳されていた時期がありましたが、現在は動物愛護のため行われなくなっています。全身を粗い被毛のシングルコートで覆われています。
標準的な体高は18~20cm、体重は3~5kgとされている小型犬です。

ブリュッセルグリフォンの性格

人間が大好きで、家族の指示や行動を注意深く注目しており、理解力もあります。注意深く、誇り高く、飼い主に対してたいへん愛情深い犬です。
警戒心はありますが、基本的にかなり人なつこく、番犬としてはあまり役に立たないでしょう。
子どもや他のペットとも仲良くできます。

ブリュッセルグリフォンの飼い方

ブリュッセルグリフォンは活発で明るい犬ですが、小型犬であり、長時間の散歩を必要とはしません。1回20分程度の散歩を1日1~2回程度で十分でしょう。肉体的な刺激以上に、精神的な刺激を求めますので、広いスペースで一緒に遊んであげることが大切です。

陽気で明るい性格ですが、頑固な面もあるため、しつけはやや難しい面があります。しかし、攻撃的なところは少ない穏やかな性格ですので、やさしく根気よく教えてあげましょう。
基本的に落ち着いていて友好的な性格で、他の犬と遊ぶことも大好きです。社会性を十分に身につけさせるためにも、特に子犬~若犬の頃は他の犬と積極的に遊ばせてあげたいものです。
フレンドリーな性格で、人間の子どもや他のペット、また来客などにも温厚に接します。

ブリュッセルグリフォンやベルジアングリフォンは粗い被毛の中長毛ですが、シングルコートですのであまり抜けません。ただし、被毛が細く絡まりやすいので、週に数度はコーミングやブラッシングで解きほぐしてあげましょう。
シングルコートで下毛がないので、意外と寒がります。
基本は室内飼育とし、寒い季節は服などを着せて保温に努めてあげましょう。

ブリュッセルグリフォンの毛色

ブリュッセルグリフォンの毛色は、ジンジャーとも呼ばれる、赤みがかったブラウンです。
ダーク系の色合いの場合はベルジアングリフォンに、短毛の場合はプチ・ブラバンソンになります。

ブリュッセルグリフォンの気を付けたい病気

ブリュッセルグリフォンは遺伝的にかかりやすい疾患は少ないものの、短頭種の犬全般においてかかりやすい疾患に注意する必要があります。軟口蓋過長症や気道狭窄による呼吸器疾患、熱中症、麻酔へのリスクなどがあげられます。呼吸器疾患の引き金となる肥満にも注意する必要があるでしょう。
また、小型犬一般に起きやすい膝蓋骨脱臼など関節の疾患にも注意しておきましょう。

なお、ブリュッセルグリフォンなど短頭・短吻種の犬は、難産であることが知られています。頭が大きいため出産に時間がかかり、出生直後に呼吸不全で亡くなってしまったり、出産途中で死産となってしまったりする場合がしばしばあるため、帝王切開を選択する場合も少なくありません。
「愛犬の子犬を見たい、出産させてみたい」という気持ちだけで交配や繁殖をすると、不幸な結果を招くことになりかねないことを理解しておきたいものです。

ブリュッセルグリフォンの価格相場

グループサイト、『みんなのブリュッセルグリフォンブリーダー』における、直近1年間の子犬ご成約時の平均価格は約23万円、最高価格は26万円、最低価格は20万円です。
※一般的に子犬の価格は犬種スタンダードに近いかどうか、血統、顔、毛色、体の大きさ、月齢などの要因で変動します。

ブリュッセルグリフォンの子犬画像・写真

子犬情報から、子犬に優しいブリーダーが直販するグループサイト 『みんなのブリュッセルグリフォンブリーダー』子犬紹介ページへと移動します。 ※みんなの犬図鑑では子犬に優しいブリーダー直販を推奨しています。

ブリュッセルグリフォンのブリーダーを見る

ブリーダー情報から、グループサイト 『みんなのブリュッセルグリフォンブリーダー』ブリーダー紹介ページへと移動します。 ※みんなの犬図鑑では子犬に優しいブリーダー直販を推奨しています。

  • 動物取扱業登録番号
    第76-0125号 (確認済み) ※有効期限:2018/02/20
  • 動物取扱業登録番号
    第107046号 (確認済み) ※有効期限:2022/05/29
  • 動物取扱業登録番号
    16東京都販 第100052号 (確認済み) ※有効期限:2021/07/06
  • 動物取扱業登録番号
    第6163029号 (確認済み) ※有効期限:2021/12/11
  • 動物取扱業登録番号
    第68-0079号 (確認済み) ※有効期限:2022/04/17
  • 動物取扱業登録番号
    滋賀県動保セ第30015-01号 (確認済み) ※有効期限:2021/08/31

ブリュッセルグリフォンへのおすすめ商品

商品情報から、グループサイト 『みんなのペット健康専門店』商品ページへと移動します。 ※ブリュッセルグリフォンにおすすめの人気商品をご紹介しています。

ブリュッセルグリフォンに関する記事

記事から、グループサイト 『みんなのペットライフ』ページへと移動します。 ※ブリュッセルグリフォンに関するお役立ち・おもしろい記事をご紹介しています。

ブリュッセルグリフォンのお役立ち・おもしろい記事を見る

ブリュッセルグリフォンの飼い主さんによるブログ

下のリンクよりグループサイト『みんなのブリュッセルグリフォンブリーダー』ブログ紹介ページへ移動します。 ※ブリュッセルグリフォンの飼い主さんによるブログをご紹介しています。

> ブリュッセルグリフォンの飼い主さんブログ紹介を見る