ワイアーフォックステリアブリーダー子犬販売   みんなのペットライフ - ワイアーフォックステリア    みんなのペット健康専門店 - ドッグフード・犬用品の通販

ワイアーフォックステリア


英語表記
Wirefox Terrier

原産国
イギリス

サイズ
小型犬

グループ
3G

体高
39cm前後

体重
8kg前後

ワイアーフォックステリアの歴史

ワイアーフォックステリアはイギリス原産の猟犬で、大変古い歴史がある犬とされています。
初期の頃には害獣となるさまざまな小動物を追い払う仕事をしていたようですが、キツネ狩りに使われるようになって、フォックステリアと呼ばれるようになりました。
毛質の違いから、ワイアー以外に短毛のスムースフォックステリアもいますが、歴史的にはスムースの方が早く、19世紀半ばごろにスムースフォックステリアがドッグショーに出展され、さらに20年ほど経ってからワイアーフォックステリアの存在が認められるようになりました。

初期のワイアーフォックステリアは、ブラック・アンド・タン・ワイアーヘアードテリアやウェルシュテリアなどが基礎となっていたため、ブラックやブラウン、タンをベースにした毛色だったと言われています。そのため、キツネ狩りの猟で働くようになると、誤って撃たれてしまう可能性がありました。一方、スムースフォックステリアはブラック&タンのマンチェスターテリアのほかに、ホワイトがベースのブルテリアを基礎にしていたため、スムースフォックステリアとワイアーフォックステリアを交配して、白い毛色が優勢になるように育種をしたとされています。そのため、ワイアーフォックステリアの方が、スムースよりも犬種登録が遅れることになったのです。

ワイアーフォックステリアは1885年にはアメリカに渡って登録され、第二次世界大戦後には大人気の犬種となりました。りりしい姿と飼い主に対してだけ見せる愛想の良さがテリア好きの人たちの心をつかんで、日本でも安定した個体数で推移しています。

ワイアーフォックステリアの特徴

体長と体高がほぼ同じくらいのスクエアな体で、胴は短く、前足はまっすぐで後ろ足の長いプロポーションです。がっちりした肩に長くてしっかりした首、バランスの良い大きさの頭蓋骨ですが、ストップのほとんどない、幅広で長いマズルをしています。耳はV字型に垂れていて、しっぽはまっすぐに立っています。現役の猟犬では断尾をされることがありますが、近年は動物愛護精神の高まりにより、必要のない断尾は見送られています。
標準的な体高はオスが39cm程度、メスは少し小さめの、やや大きめの小型犬です。

ワイアーフォックステリアの性格

ワイアーフォックステリアは、これぞテリアとも言うべき、典型的なテリア気質です。
明るく、時に騒がしいほどにぎやかで、けんかっ早い面もあり、家族に対しては愛情を示します。
警戒心も強く、見知らぬ人には距離を置き、来訪者には厳しく接することもあります。

ワイアーフォックステリアの飼い方

小さい身体ですが大変パワフルなワイアーフォックステリアは、毎日十分な運動量が必要です。「疲れた犬は良い犬」ということわざもあり、飼い主にとっては面倒でも、運動不足のストレスをためないことが、飼いやすくなるためにも大切です。1回1時間程度の散歩を1日2回程度、できればランニングやボール遊びなどを加えて行ってあげましょう。

テリアらしい気の強さと負けず嫌いで頑固な面があり、しつけのしやすい犬種ではありません。飼い主は威厳をもって決して折れずに、根気よくトレーニングを続ける必要があります。家族への愛情は深く、飼い主を喜ばそうとする意欲があるので、じょうずにほめながらしつけをしましょう。
来訪者に対しては警戒心を見せることがありますので、ケージやサークルで待てる訓練もしておくとよいでしょう。
また、けんかっ早い面がありますので、子犬の頃から他の犬と遊ばせて十分に社会性を育てることが大切です。
猟欲の強い犬なので、同居のペットに小動物がいる場合は一緒に放しておかないよう注意しましょう。

ワイアーフォックステリアはダブルコートの被毛で密に生えていますが、毛はあまり長く伸びません。サイズも小さいので手入れはそれほど難しくありませんが、換毛を促して健康な皮膚と被毛を保つために週に2~3回程度のブラッシングやコーミングをしてあげましょう。
ドッグショーなどに出る犬は、オーバーコートを太くするためにプラッキングという脱毛処理が必要になることがあります。

ワイアーフォックステリアの毛色

ホワイトがベースで、ブラック、タン、ブラック&タンのマーキングが入ります。

ワイアーフォックステリアの気を付けたい病気

ワイアーフォックステリアは皮膚疾患の多い犬種と言われています。日頃からブラッシングやコーミングを丁寧に行って健康を保ち、異常を早めに見つけてあげましょう。
皮膚の敏感な子はプラッキングは控えた方が良いでしょう。
また、日本の高温多湿の気候は皮膚疾患を招きやすいため、空調の整った室内での飼育をお勧めします。

がっちりした肩をしていますが、肩脱臼が起きやすい犬種です。獲物を追って狭い穴に入り込んでいた名残とも考えられますが、辛抱強くただちに痛みを訴えないため、見逃してしまうことがあります。
高いところから飛び降りたり、速いスピードで走ったりした後、様子がおかしい時は早めに受診しましょう。
また、肩ではなく膝や肘の関節が脱臼しやすい子もいます。

そのほかに、二重まつ毛や角膜潰瘍、水晶体脱臼のような眼病にかかることがあります。

ワイアーフォックステリアへのおすすめ商品

商品情報から、グループサイト 『みんなのペット健康専門店』商品ページへと移動します。 ※ワイアーフォックステリアにおすすめの人気商品をご紹介しています。

ワイアーフォックステリアの飼い主さんによるブログ

下のリンクよりグループサイト『みんなのワイアーフォックステリアブリーダー』ブログ紹介ページへ移動します。 ※ワイアーフォックステリアの飼い主さんによるブログをご紹介しています。

> ワイアーフォックステリアの飼い主さんブログ紹介を見る
みんなのペットコミュニティ ミテミテみんなのペットコミュニティ ミテミテ みんなのペット保険みんなのペット保険