アイリッシュセッターブリーダー子犬販売   みんなのペットライフ - アイリッシュセッター    みんなのペット健康専門店 - ドッグフード・犬用品の通販

アイリッシュセッター


英語表記
Irish Setter

原産国
アイルランド

サイズ
大型犬

グループ
7G

体高
64cm~69cm

体重
27kg~33kg

アイリッシュセッターの歴史

アイリッシュセッターはその名の示す通り、イギリス・アイルランド地方を原産とする猟犬です。
セッターの名の由来は、獲物の前でセッティングという伏せのポーズをとる姿勢から付けられました。
時代的には17~18世紀、土着のスパニエル、アイリッシュテリア、イングリッシュセッター、ゴードン・セッター、ポインターなどの猟犬やテリアをかけあわせて生まれたと考えられています。

この頃のアイリッシュセッターは、レッドと白が入った毛色をしていました。現在も原産国イギリスやヨーロッパ等で、アイリッシュセッターの毛色にはマホガニーレッドの単色だけでなく、レッド&ホワイトも認められています。この毛色はレッド&ホワイトのセッターから時々生まれていましたが、19世紀初頭のアイルランドで固定されました。アメリカや日本ではマホガニーの単色だけが認められて、ホワイトの入ったものは「アイリッシュ・レッド・アンド・ホワイト・セッター」と別の犬種として区別されています。その理由は、アメリカに入った最初のアイリッシュセッターたちがマホガニーレッドであったためとされています。なお、マホガニー単色のものをアイリッシュ・レッド・セッターまたはレッド・セッターと呼ぶことがあります。

初期のアイリッシュセッターは、祖先犬のスパニエルやポインターたちと同じような長さの首を持っていましたが、19世紀にドッグショーに参加するようになると、首のすらりと長いアイリッシュセッターの評価が高まったことから、次第に首の長い個体が選択されるようになりました。
そして1886年、原産国のイギリスで、犬種標準書(ブリード・スタンダード)が作成されることとなりました。
これ以降、21世紀の現代に至るまで、アイリッシュセッターはドッグショーのリングで華やかな姿を見せるだけでなく、実猟犬としての改良も続けられています。1998年にはブリード・スタンダードだけでなく、作業能力についての基準も書物として書かれ、フィールド・トライアル競技についてのルールも定められました。
猟犬としての健全なる犬質の維持向上のため、フィールド・トライアル競技はドッグショー同様に重要な場となっています。
こうした育種家の努力により、近年ではショーとフィールドの両方でチャンピオンとなる、優れたアイリッシュセッターも作出されています。

アイリッシュセッターの特徴

アイリッシュセッターは体長が体高より長く、身幅は広くなく、スリムな骨格をしていますが、筋肉がしっかりとついていて、決して太っていてはいけません。
垂れ耳で、首が長く、しっぽや足に飾り毛のついたシングルコートの大型犬です。
標準の体高は、オス67cm前後、メス62cm前後とされています。

アイリッシュセッターの性格

アイリッシュセッターは体力が旺盛で心身ともにたくましく、陽気な性格で、感受性は強いのに細かいことには動じないという猟犬にふさわしい精神的な強さがあります。
他の犬や人との争いを好まず、成犬は家庭では温厚で穏やかです。
しかし、屋外で猫などの小動物に出会った時は態度が豹変し、時には追跡をしようとすることがあります。

アイリッシュセッターの飼い方

アイリッシュセッターは猟犬です。山の中を一日中歩き回っても疲れを見せないほどの体力があります。
若いうちなら、一日1時間の散歩でも十分とは言えない犬種です。この犬種を飼うにあたっては、旺盛な運動欲をどうやって満足させるかを検討してから決断すべきでしょう。
運動不足では欲求不満になって問題行動を起こすことがあります。
散歩中に他の犬と出くわしてもあまり問題はありませんが、猫や小動物を見つけた時は、遠方にいても飼い主を振り切って走り出そうとすることがあります。体力があふれながら訓練の十分でない若犬のあいだは、制止できる人が散歩に行くようにしましょう。

服従心が強く、飼い主や家族には強い愛情を示しますので、しつけや訓練は比較的入りやすいとされています。
しかし、おおらかで大雑把な面があるため、室内トイレなど細かい生活のしつけには、少々根気がいるようです。

長毛ですがシングルコートで下毛がないので、冬期は寒がります。
温かい場所で過ごさせるようにしましょう。
毛の手入れは週に数回、ブラッシングをかけてあげるのが良いでしょう。

アイリッシュセッターの毛色

アイリッシュセッターの毛色は「チェスナット(栗色)」と形容されるマホガニーレッドです。
祖先犬の1頭とされるゴードン・セッターの影響を取り除くため、ブラックが入る個体はドッグショーでは失格となります。
しかし、胸、喉、指趾、前頭部のごく小さな白や、顔面のごく細いブレーズは認められています。

アイリッシュセッターの気を付けたい病気

アイリッシュセッターのように胸の深い犬種では、胃拡張や胃捻転が起きやすいことが知られています。
胃の固定が十分でないため、食事のあとなどの運動で胃がねじれてしまう、ドカ食いで胃が大きくなってしまうことがあります。
放置すると生命にかかわり、手術の必要な場合もありますので、食後の様子がおかしいと感じたら、早めに動物病院を受診しましょう。

また、数こそ少ないものの、アイリッシュセッターは進行性網膜萎縮症(PRA)が多い犬種としても知られています。光を感知する網膜が変質してしまい、萎縮が進行して視力が低下し、失明に至るという病気で、遺伝性の疾患です。
暗い所でぶつかりながら歩くなど、夜の散歩で不安そうにしていたら、可能性を疑ってみるのが良いかもしれません。動体視力より先に止まっているものが見えにくくなるようです。

ほかに、大型犬に起きやすい股関節形成不全は、アイリッシュセッターでも起きやすいとされています。

アイリッシュセッターの価格相場

グループサイト、『みんなのアイリッシュセッターブリーダー』における、直近1年間の子犬ご成約時の平均価格は約22万円、最高価格は22万円、最低価格は20万円です。
※一般的に子犬の価格は犬種スタンダードに近いかどうか、血統、顔、毛色、体の大きさ、月齢などの要因で変動します。

アイリッシュセッターの子犬画像・写真

子犬情報から、子犬に優しいブリーダーが直販するグループサイト 『みんなのアイリッシュセッターブリーダー』子犬紹介ページへと移動します。 ※みんなの犬図鑑では子犬に優しいブリーダー直販を推奨しています。

アイリッシュセッターのブリーダーを見る

ブリーダー情報から、グループサイト 『みんなのアイリッシュセッターブリーダー』ブリーダー紹介ページへと移動します。 ※みんなの犬図鑑では子犬に優しいブリーダー直販を推奨しています。

  • 動物取扱業登録番号
    15-市川健福522-3 (確認済み) ※有効期限:2020/07/28
  • 動物取扱業登録番号
    第141018号 (確認済み) ※有効期限:2019/11/30
  • 動物取扱業登録番号
    第4073012号 (確認済み) ※有効期限:2017/05/29
  • 動物取扱業登録番号
    13東京都販 第002489号 (確認済み) ※有効期限:2019/04/15

アイリッシュセッターへのおすすめ商品

商品情報から、グループサイト 『みんなのペット健康専門店』商品ページへと移動します。 ※アイリッシュセッターにおすすめの人気商品をご紹介しています。

アイリッシュセッターの飼い主さんによるブログ

下のリンクよりグループサイト『みんなのアイリッシュセッターブリーダー』ブログ紹介ページへ移動します。 ※アイリッシュセッターの飼い主さんによるブログをご紹介しています。

> アイリッシュセッターの飼い主さんブログ紹介を見る
みんなのペットコミュニティ ミテミテみんなのペットコミュニティ ミテミテ みんなのペット保険みんなのペット保険