ウィペットブリーダー子犬販売   みんなのペットライフ - ウィペット    みんなのペット健康専門店 - ドッグフード・犬用品の通販

ウィペット


英語表記
Whippet

原産国
イングランド(イギリス)

サイズ
中型犬

グループ
10G

体高
41cm~51cm

体重
13kg前後

ウィペットの歴史

ウィペットは、そのスラリとした容姿が物語るように、グレーハウンドを祖先犬とするハウンドドッグです。
19世紀前半までのイギリスで、畑を荒らすウサギや小動物を追うために、グレーハウンドを土台に小型の犬を交配して作られたと考えられています。
この頃のイギリスでは、ブル・ベイティング(複数の犬をけしかけて牛を倒す見世物)や闘犬が流行していました。その影響を受け、囲いのあるスペースにウサギを閉じ込めて犬に追わせるゲームが始まりました。このゲームは賭博として工業地域へも広がりましたが、1835年、イギリスで動物愛護のため闘犬やブル・ベイティングが禁じられると、ウサギを仕留めるゲームの代わりに、犬同士を競争させるドッグレースに関心が移りました。
富裕層は、飼育に費用のかかる競馬もしくは大型のグレーハウンドでの競争を楽しんでいましたが、庶民のあいだでは、ウィペットの前身になった犬たちのように、飼いやすいサイズの犬による小さなレースが娯楽としてもてはやされていました。
このドッグレースの評判は外国にも伝わり、アメリカへはマサチューセッツ州の農家がドッグレースのために輸入したのが最初であったとも伝えられています。

騎手のいない犬たちを走らせるためには、獲物のにおいがついた布を先に走らせたり、ゴール地点で振ったりします。単に早いだけでなく猟犬の性質も必要になるため、マンチェスター・テリアなどいくつかのテリアを交配に導入し、現在のウィペットにほぼ近い形になりました。
そして1891年、イギリスケンネルクラブに登録されることになりました。
前足と後ろ足をそれぞれ揃えて、全身を鞭のようにしならせ、飛ぶように走る美しい姿が印象的なことから、競走馬に鞭(whip)を入れることになぞらえて、この名がついたと伝えられています。
ドッグショーに出陳されるようになると、容姿の美しさから人気となり、世界中に愛好家を持つようになりました。

ウィペットの特徴

ウィペットは無駄のない骨格と筋肉、まるでファッションモデルのように長い首に小さな頭、背中から腰、後ろ足にかけての流線型のライン、短くつややかな毛と、すべてのバランスが取れた美しさが特徴です。
半立ち耳の中型犬で、グレーハウンドとイタリアングレーハウンドの中間くらいのサイズとなり、標準の体高はオス47~51cm、メス44~47cmとされています。

ウィペットの性格

ウィペットは大変静かで落ち着いており、吠えないのではないかと誤解されるほどです。
服従心も強く、家族への愛情は深く、他の人や他犬への攻撃性は少なく、ドッグレース以外の場面では、社交的で争いを好みません。

ウィペットの飼い方

ウィペットは走ることが大好きな犬です。散歩は毎日30分から1時間程度、できれば小走りや軽いジョギングを交えて行ってあげたいものです。

ウィペットのような頭の小さい犬は首輪が大変抜けやすい犬種です。首の長さから苦しいのではないか?とゆるく装着すると、怖がって後ずさりをした時などに、首輪抜けによる逃走事故が起こりかねません。足の速い犬ですので、逃げたら到底追いつきません。ウィペットやイタリアングレーハウンド向けの幅が広く柔らかい素材の首輪や、胴にしっかり巻きつくタイプの胴輪の利用を検討しましょう。

服従心が強く、優しい性格でしつけはしやすいものの、内向的な面があるため、行き過ぎたしつけでは傷ついてしまい信頼関係を築くのが難しくなってしまいますので、注意が必要です。
子供に対しても優しく、辛抱強くそつなく接します。

ウィペットは被毛の手入れは楽ですが、寒さには極端に弱いため、気候や季節に応じた衣類を着せてあげましょう。

ウィペットの毛色

ウィペットはあらゆる色、あらゆる柄のパターンが許容され、制限はありません。

ウィペットの気を付けたい病気

遺伝病が比較的少ないとされているウィペットですが、中高齢以上になると白内障などの眼病にかかりやすくなるようです。
進行を抑えるとされる目薬もあるようですので、中年齢になったら定期検診をかかさずに行ってあげましょう。

短毛で寒がりですので体温が低下しやすく、抵抗力や免疫力を落とし、肥満を招くことがあります。
ウィペットの体は熱放散を効率よく行える仕組みになっていますので、夏の暑さには比較的強いものの、冬の寒さには弱く、抵抗力が落ちてしまったところに多湿が加わることで、皮膚のバリア機能が落ち、真菌症や脂漏症などの皮膚病が発生しやすくなると言われています。

ウィペットの場合は、病気以上にケガのリスクがあります。
時速60㎞ものスピードで走ることができるとされていますので、急停止の際には足腰に大変な力がかかります。
また、ウィペットはまっすぐ走ることは得意ですが、カーブの場所では重心が偏ることで、その側の骨や関節、靭帯に負担をかけてしまいます。
ドッグランなどで走らせる場合も、他の犬と追いかけっこに夢中になった末、靭帯損傷に至ったり、減速するスペースのない場所で障害物に激突したりということがあります。
走らせてあげる時は、広く安全な場所を選んで、目を離さないようにしてあげたいものです。

ウィペットは身軽で跳躍力もありますが、筋肉がついていない若犬や、老犬では高い所から飛び降りたり、無理なハイジャンプに挑戦させたりすると骨折に至ることがありますので注意が必要です。
靭帯損傷や骨折などいずれの場合も、肥満犬ではケガのリスクが大きくなります。

ウィペットの価格相場

グループサイト、『みんなのウィペットブリーダー』における、直近1年間の子犬ご成約時の平均価格は約17万円、最高価格は25万円、最低価格は5万円です。
※一般的に子犬の価格は犬種スタンダードに近いかどうか、血統、顔、毛色、体の大きさ、月齢などの要因で変動します。

ウィペットの子犬画像・写真

子犬情報から、子犬に優しいブリーダーが直販するグループサイト 『みんなのウィペットブリーダー』子犬紹介ページへと移動します。 ※みんなの犬図鑑では子犬に優しいブリーダー直販を推奨しています。

ウィペットのブリーダーを見る

ブリーダー情報から、グループサイト 『みんなのウィペットブリーダー』ブリーダー紹介ページへと移動します。 ※みんなの犬図鑑では子犬に優しいブリーダー直販を推奨しています。

  • 動物取扱業登録番号
    北海道第051510136号 (確認済み) ※有効期限:2020/07/26
  • 動物取扱業登録番号
    06ー長保6ー2 (確認済み) ※有効期限:2021/06/25
  • 動物取扱業登録番号
    大阪市指令健動管749 (確認済み) ※有効期限:2018/03/10
  • 動物取扱業登録番号
    北海道第051410131号 (確認済み) ※有効期限:2019/10/06
  • 動物取扱業登録番号
    第 151006号 (確認済み) ※有効期限:2020/06/30
  • 動物取扱業登録番号
    北海道第121310178号 (確認済み) ※有効期限:2018/04/10
  • 動物取扱業登録番号
    最保26販第3号 (確認済み) ※有効期限:2019/12/16
  • 動物取扱業登録番号
    第50080ー01号 (確認済み) ※有効期限:2019/08/31
  • 動物取扱業登録番号
    動尾第1050号 (確認済み) ※有効期限:2020/12/17
  • 動物取扱業登録番号
    福山市指令保生第178018号 (確認済み) ※有効期限:2022/05/24
  • 動物取扱業登録番号
    横須賀市指令保生第1437号 登録番号 横須賀市第07146号 (確認済み) ※有効期限:2018/03/10

ウィペットへのおすすめ商品

商品情報から、グループサイト 『みんなのペット健康専門店』商品ページへと移動します。 ※ウィペットにおすすめの人気商品をご紹介しています。

ウィペットの飼い主さんによるブログ

下のリンクよりグループサイト『みんなのウィペットブリーダー』ブログ紹介ページへ移動します。 ※ウィペットの飼い主さんによるブログをご紹介しています。

> ウィペットの飼い主さんブログ紹介を見る