ミニチュアシュナウザーブリーダー子犬販売   みんなのペットライフ - スタンダードシュナウザー    みんなのペット健康専門店 - ドッグフード・犬用品の通販

スタンダードシュナウザー


英語表記
Standard Schnauzer

原産国
ドイツ

サイズ
中型犬

グループ
2G

体高
45cm~50cm

体重
14kg~20kg

スタンダードシュナウザーの歴史

シュナウザーにはジャイアント・スタンダード・ミニチュアと3種類があります。
すべての元になったのはスタンダードシュナウザーで、これを小型化したのがミニチュアシュナウザーです。
スタンダードシュナウザーは14世紀ごろのドイツで作出され、ネズミ駆除や輸送時の家畜の誘導、小さな荷車を引くなど、使役犬として様々な働きを見せました。スタンダードシュナウザーはその賢さと警戒心の強さ、主人に対する忠実さを買われて、第一次世界大戦ではドイツの軍犬として情報伝達の役割を与えられ、ジャイアントシュナウザーでは警察犬も務めるほどの優秀さでした。
同様に、ミニチュアシュナウザーもまた大変賢く、落ち着いていて家族に情愛が深いことから、世界最高の家庭犬とも呼ばれています。

ミニチュアシュナウザーは、スタンダードシュナウザーとアーフェン・ピンシャーを交配して、ドイツのフランクフルトで作出されたとされています。
その後、アメリカにわたってから一層の改良が進み、小型化のためにプードル他いくつかの犬種も交配されて、現在のミニチュアシュナウザーの形に固定化されました。このいきさつからアメリカでは長い間、常に人気ランキングの上位に入っていた犬種でした。
原産国ドイツのケンネルクラブでミニチュアシュナウザーが成立したのは1899年でしたが、アメリカンケンネルクラブでは1933年までスタンダードシュナウザーと同じ犬種として扱われていました。この頃にはサイズもほぼ固定化されていたようです。
アメリカでも多くの著名人やハリウッドスターにも愛されたミニチュアシュナウザーは、ブルース・リーの愛犬であったことでも知られています。
ミニチュアシュナウザーは、ドイツで生まれてアメリカで育った犬種とも言えましょう。

日本に入ってきたのは戦後、アメリカ軍人が連れていたのが最初と推測されていますが、当時の日本ではトリミング技術が発達していなかったため、家庭犬としては普及に至らなかったようです。家庭犬として本格的に迎えられるようになったのは高度成長期の1960年くらいになってからでしたが、2000年頃には人気が上昇し、現在では毎年のようにJKCの登録犬種ランキングの上位に入っています。

スタンダードシュナウザーの特徴

ミニチュアシュナウザーは老いた仙人のまゆ毛やひげのような顔面部の毛と、正方形でがっしりした体格が特徴です。
JKCの犬種標準では、「小さいことが不利とならないようにスタンダードシュナウザーを縮小したような外貌」とも定められています。
シャープなイメージを作るために長年、断尾や断耳をされてきましたが、近年ではこれらの処置を行わない個体が多く、本来おだやかで闘争心の少ないミニチュアシュナウザーには合っているようです。

スタンダードシュナウザーの性格

ミニチュアシュナウザーは賢く、好奇心が強く、遊び好きで、警戒心が強く、家族に対しては愛情深い犬種です。また、その容貌に似つかわしく、頑固な面があります。テリアの仲間としては性格にきつさが少なく、正しくしつけられたミニチュアシュナウザーは、子供の相手もできるでしょう。
警戒心があるため無駄吠えをすることがありますが、人に良く従うため、十分な訓練によるコントロールは可能です。

スタンダードシュナウザーの飼い方

ミニチュアシュナウザーはがっしりとした筋肉質で体力はありますが、あまり激しい運動は必要ありません。
一日に30分から1時間程度の散歩と、室内の遊びで十分でしょう。

毛質はダブルコートですので、美しい外見を維持するためには、週に数回のコーミングまたはブラッシングが必要です。
手足と眉上、ひげを長く伸ばして整えるスタイルが知られていますが、伸ばさない部分の毛の手入れの方法は、ふたつあります。
ひとつはバリカンで刈ってしまうこと(クリッピング)、もうひとつは抜いていくこと(ストリッピング)です。
処理後の毛の密度や毛質の関係からストリッピングの方が毛色が鮮やかに見えるため、ドッグショーに出る場合はストリッピングが行われます。
ストリッピングで毛を抜くことで、痛くないのかと思われがちですが、技術のあるトリマーがすばやく処理をすれば痛みはないようです。
しかし、高齢になると皮膚が弱くなり、炎症が起きやすくなり、毛の再生が遅れますので、無理なストリッピングは禁物です。
年齢に関係なくストリッピングの後は細菌などの影響を受けやすくなっていますので、清潔に保ってあげましょう。トリミングをひんぱんに行う場合は、皮膚の保護や体温調節のために衣類を着せることも検討しましょう。

スタンダードシュナウザーの毛色

ミニチュアシュナウザーはJKCでのスタンダードでは、ブラックのアンダーコートに漆黒のトップコート、ソルト&ペッパーと呼ばれるグレー、ブラック&シルバー、ホワイトが認められています。

スタンダードシュナウザーの気を付けたい病気

ミニチュアシュナウザーは眼病にかかりやすいことで知られています。
高齢になるとかかりやすい白内障ですが、ミニチュアシュナウザーの場合は若年性となるケースがあります。
また、シュウ酸カルシウムによる尿石ができやすい傾向があります。尿石は尿管に詰まると手術が必要で、最悪の場合は短い間に死に至ります。定期健康診断の時は尿検査もしてもらうようにしましょう。


スタンダードシュナウザーの名前ランキング

2016年

男の子

1位
すばる
2位
ゆぱ
3位
カール
4位
コル
5位
サスケ
6位
チップ
7位
マシュ
8位
ルック
9位
レンツ
10位
ロイ

女の子

1位
あずき
2位
くるん
3位
さくら
4位
のあ
5位
まる子
6位
ろく
7位
アデル
8位
アンズ
9位
ジジ
10位
ドリィ

2015年

男の子

1位
りゅう
2位
カイ
3位
ソルト
4位
ビス
5位
マルク
6位
ロビン
7位
大和
8位
播磨
9位
文太
10位
葉月

女の子

1位
いづも
2位
くるみ
3位
こもも
4位
なごみ
5位
むつ
6位
もも
7位
ももこ
8位
ココ
9位
スズ
10位
ハンナ

スタンダードシュナウザーへのおすすめ商品

商品情報から、グループサイト 『みんなのペット健康専門店』商品ページへと移動します。 ※スタンダードシュナウザーにおすすめの人気商品をご紹介しています。

スタンダードシュナウザーの関連犬種

みんなのペットコミュニティ ミテミテみんなのペットコミュニティ ミテミテ みんなのペット保険みんなのペット保険