四国犬ブリーダー子犬販売    みんなのペット健康専門店 - ドッグフード・犬用品の通販

四国犬


英語表記
Shikoku Inu

原産国
日本

サイズ
中型犬

グループ
5G

体高
49cm~55cm

体重
15kg前後

四国犬の歴史

四国犬は、古くから四国山地に存在した日本の土着犬で、1937年に国の天然記念物に指定されています。
もともとは高知の山岳地帯にいた「ヤマイヌ」と呼ばれた野犬が祖先であると推定され、猟師がこれらを飼い慣らして猟犬として育てたのが始まりであったようです。四国犬はヤマイヌの子犬から育てた猟犬を基礎に、さらに繁殖を繰り返すことで、猪や鹿を追う優秀な猟犬として育種されたと考えられています。
高知の土着犬であるため、当初は「土佐犬」と呼ばれていましたが、大型犬の「土佐闘犬」と混同されてしまうので後に四国犬に名称が変更されました。

四国犬は実猟に使われる犬であったことから、産地ごとに異なる個性がありました。もともとは「阿波」「本川」「幡多」「安芸」「宇和島」などいくつかの系統がありましたが、やがて衰退や混血のために安芸系、本川系、幡多系の3つが残ることになりました。このうち、最も深い山間部であった本川村を中心に育種された本川系が、純粋で四国犬らしいと愛好家に好まれるようになりました。しかし近年は幡多系との混血が進み、両者はあまり差がなくなっています。

一見するとオオカミのようにも見える毛色と、柴犬より一回り大きい精悍な姿の四国犬は、20世紀後半になった現代でさえニホンオオカミと間違われて、大騒ぎになったことがありました。
実際、四国犬の祖先と推定される「ヤマイヌ」は、ニホンオオカミの末裔という可能性もあり、長い歴史を野犬として暮らしてきた強い性質から、可愛がるだけのペットとして飼育するには非常に厳しい面があります。同時に、この犬種を愛好する人の中には実猟を行っている人たちもいて、見た目の美しさだけでなく優秀な猟犬としての能力を大切にしています。そのため、飼い主がしっかりとコントロールできないと、時には咬傷事故を起こすことがあり、近年も残念ながらそのような事故が起きています。
四国犬は誰にでも飼える犬ではありませんが、だからこそ愛好家たちは覚悟と誇り、責任を持って、野性味あふれるこの犬を大切にしているのです。

四国犬の特徴

体高より体長がやや長く、この傾向はメスの方が顕著です。背中からしっぽの付け根まではまっすぐで、身体の幅に合った前足と、腰幅に合った後ろ足があります。額が広く、適度なストップがあり、口元は引き締まっています。耳は立ち耳でしっぽは巻き尾または差し尾で、背負っています。しっかりした筋肉質の中型犬です。標準的な体高はオス52cm、メス49cmとされています。

四国犬の性格

飼い主に対しては非常に忠実ですが、それ以外の人には心を許しません。
勇敢で冷静であり、状況を判断する力があるので、見境なく興奮することはありません。
猟欲が強く、闘争心もあるため、未去勢のオスでは他のペットや他の犬とは折り合わないことが多いようです。

四国犬の飼い方

中型ですが現役の猟犬種でもあり、かなりの運動量が必要です。少なくとも1回1時間以上の散歩を、1日1~2回行ってあげましょう。運動不足ではストレスがたまり、扱いにくい犬になることがあります。なお、負けん気の強い面があるため、ドッグランなどで遊ばせるのも安心できません。また、飼い主のコントロールができない状況では咬傷事故を起こす可能性もありますので、絶対にオフリードにしてはいけません。

四国犬は利発で、物覚えが良いので本来はしつけのしやすい性格ですが、飼い主以外の人の訓練は受け入れない傾向があります。また、飼い主に威厳のない場合、飼い主を力で試すこともあるでしょう。子犬の頃から十分に信頼関係を作り、できれば家族全員でしっかりとトレーニングを行いましょう。また、家庭犬としてはできるだけ穏やかに育て、他の犬などとのトラブルを予防するためには、子犬の頃から他の犬と遊ばせて社会性を養うことが必要です。
来訪者に対しては警戒心をはっきりと示すことが多々あります。来客の多い家庭では、サークルなどで待たせる訓練も必要でしょう。
子どもや小動物との相性は決して良いとは言えません。飼い主の目の届かないところでは、子どもや他のペットと自由に過ごさせない方が良いでしょう。

四国犬は短毛ですがダブルコートですので、抜け毛は多くあります。週に2~3回程度、ブラッシングをしてあげましょう。

四国犬の毛色

四国犬の毛色には胡麻、赤、黒褐色があります。

四国犬の気を付けたい病気

四国犬はアレルギー疾患になりやすい犬種と言われています。特に脱毛やかゆみなどが起きることがありますので、日頃からこまめにブラッシングなどのお手入れをし、異常に気づいたらなるべく早く動物病院で受診しましょう。

また、四国犬特有の、原因のよくわからない神経痛が出ることがあるようです。若犬の頃に発症し、成犬になると自然と治ってしまう場合も多いようですが、症状や程度には差があります。ちょっとびっこを引くくらいのものから、足腰が立たないほどになることもあり、自然治癒してから再び繰り返すこともあるようです。
ケガをしている訳ではないのに痛そうに見えたら、一度、受診してみるのが良いでしょう。

四国犬のブリーダーを見る

ブリーダー情報から、グループサイト 『みんなの四国犬ブリーダー』ブリーダー紹介ページへと移動します。 ※みんなの犬図鑑では子犬に優しいブリーダー直販を推奨しています。

  • 動物取扱業登録番号
    栃木県動愛セ16販第009号 (確認済み) ※有効期限:2021/07/07
  • 動物取扱業登録番号
    13東京都販第101861号 (確認済み) ※有効期限:2018/10/22

四国犬へのおすすめ商品

商品情報から、グループサイト 『みんなのペット健康専門店』商品ページへと移動します。 ※四国犬におすすめの人気商品をご紹介しています。

四国犬の飼い主さんによるブログ

下のリンクよりグループサイト『みんなの四国犬ブリーダー』ブログ紹介ページへ移動します。 ※四国犬の飼い主さんによるブログをご紹介しています。

> 四国犬の飼い主さんブログ紹介を見る