プチバセットグリフォンバンデーンブリーダー子犬販売    みんなのペット健康専門店 - ドッグフード・犬用品の通販

プチバセットグリフォンバンデーン


英語表記
Petit Basset Griffon Vendeen

原産国
フランス

サイズ
中型犬

グループ
6G

体高
34cm~38cm

体重
11kg~16kg

プチバセットグリフォンバンデーンの歴史

プチバセットグリフォンバンデーンはフランス原産の猟犬で、その長い名前を省略して日本では「プチバセ」と愛称で呼ばれることの多い犬です。
垂れ耳、短足でより知名度の高いバセットハウンドに似た体格をしていますが、プチバセは中ぐらいの長さの粗い被毛で覆われています。そもそも‘バセット’はフランス語で「低い」の意味であり、プチバセもバセットハウンド同様、身を低くして獲物の足跡のにおいをかぎ取りながら追及する仕事を与えられていました。
また‘グリフォン’は「粗い」という意味、‘バンデーン’はフランスの地名となり、犬種名自体がこの犬の自己紹介のようです。

そんなプチバセの起源は16世紀頃にさかのぼります。バンデーン地方は荒れた土地で、足場が悪くブッシュが生い茂る、そんな土地でもありました。そこで猟犬として働くためには、しっかりとした足腰とタフな精神、身を守る剛毛が必要になります。
そのような犬の作出を目的に、バセットハウンドや土着の猟犬を掛け合わせて生まれたのが「バセット・グリフォン・バンデーン」と考えられていますが、実は19世紀までは比較的小さいサイズの「プチ」と、足が長くてやや体格の大きい「グラン(ラージ)・バセット・グリフォン・フォンテーン」の2タイプが混在していました。
1907年に犬種クラブができて標準書が作られた時も単にサイズが違うというだけの記述でしたが、猟や飼育の目的によってサイズの違うことが重要視されるようになり、1975年には別の犬種に分けられることになりました。

原産国フランスがプチバセを海外に紹介し始めたのは20世紀後半になってからのことです。AKCアメリカンケンネルクラブに登録されたのも1990年と近年になって知られるようになり、日本でも少しずつ知名度が上がってきているようです。

プチバセットグリフォンバンデーンの特徴

体高より体長が明らかに長く、胴長の身体を太くがっしりしたまっすぐな四肢が支えています。体に比べて頭はやや大きく、ストップは明らかで、開口部の大きいマズルをしています。全身を剛毛と下毛に覆われたダブルコートで、大きな垂れ耳で、しっぽもまっすぐです。
理想的な体高はオスメスともに34~38cmの中型犬です。

プチバセットグリフォンバンデーンの性格

陽気で活発、前向きでへこたれない性格です。家族には愛情深く接しますが、知らない人や動物には厳しく接することがあります。自立心が強いため、頑固な面を見せることがあります。

プチバセットグリフォンバンデーンの飼い方

プチバセは大変活発で、特に若犬のうちはじっとしていることを好みません。活動的な性質を満足させるだけの運動をしないと、ストレスで吠えがひどくなったり、飼い主の指示を受け容れなかったりと、扱いにくい犬になってしまいます。少なくとも1回30分以上、1日2回以上の散歩に連れ出すとともに、ランニングを入れたり、ドッグランで走らせたりしてあげましょう。

家族には親しみを込めて接しますのでしつけはしやすいものの、きちんと教えないと自分のやりやすいようにしてしまう自立的な面があります。生活のしつけは子犬のうちからしっかりと、習慣になるまで行うことが大切です。明るく前向きな性格のため、叱られてもへこたれない面がありますから、根気よくトレーニングをしましょう。甘やかす一方で育ててしまうと、年齢を重ねるほど頑固になりますので、人間の方が合わせることになってしまいます。
家族に対しては愛情深く、子どもや同居のペットとも仲良くできますが、来訪者については警戒心を示すことがあります。来客の多い家庭では、サークルやクレートで待てるような訓練をしておきましょう。

中長毛のダブルコートですので抜け毛はありますが、換毛は激しくありませんので、週に何度かのブラッシングやコーミングに、ときどきシャンプーをしてあげましょう。テリア種のように毛が長く伸び続けることはありませんので、カットは特に行わなくても長さを維持できるでしょう。

プチバセットグリフォンバンデーンの毛色

ブラック・アンド・ホワイト、ブラック・アンド・タン、ホワイト・アンド・オレンジ、トライ・カラー、ブラック・オーバーレイなどがあります。
なお、猟犬として使われてきた歴史から、獲物の毛色に合わせて野ウサギ色、アナグマ色、イノシシ色、オオカミ色などと呼ばれることもあります。

プチバセットグリフォンバンデーンの気を付けたい病気

短足胴長のプチバセットグリフォンバンデーンですから、特に高齢になると腰と足に疾患が起きやすくなります。椎間板ヘルニアや膝蓋骨・肘関節脱臼、股関節形成不全には注意が必要です。様子がおかしいと気づいたら、症状が重くなる前に早めに動物病院へ行きましょう。
また、プチバセは脳の病気として髄膜炎やてんかんが起きることがあると言われています。異変に気づいたら早急に受診しましょう。
その他、角膜ジストロフィーや白内障、緑内障などにかかることがあるようです。

垂れ耳で外耳炎になりやすいため、定期的なお手入れをすると同時に、高温多湿の時期などは風通し良くなるように適宜、耳まわりの毛を減らしたり、短くしてあげましょう。

プチバセットグリフォンバンデーンへのおすすめ商品

商品情報から、グループサイト 『みんなのペット健康専門店』商品ページへと移動します。 ※プチバセットグリフォンバンデーンにおすすめの人気商品をご紹介しています。