オールドイングリッシュシープドッグブリーダー子犬販売   みんなのペットライフ - オールドイングリッシュシープドッグ    みんなのペット健康専門店 - ドッグフード・犬用品の通販

オールドイングリッシュシープドッグ


英語表記
Old English Sheepdog

原産国
イングランド(イギリス)

サイズ
大型犬

グループ
1G

体高
61cm前後

体重
30kg前後

オールドイングリッシュシープドッグの歴史

オールドイングリッシュシープドッグは、頭文字を取って「OES」と短く呼ばれることも多い犬種です。「オールドイングリッシュ」の名が冠されてはいるものの、実際の歴史は比較的新しく、18世紀後半から19世紀の文献に初めてそれらしい犬が登場しています。
外見が似ていてさらに歴史の古いベアデット・コリーと、イギリス土着の犬、あるいはヨーロッパ大陸やロシア由来の犬など複数の犬種の交雑から生まれた犬であると推測されていますが、定かではありません。

オールドイングリッシュシープドッグは、別名をボブテイル(「しっぽが短い」の意)と呼ばれていますが、生まれつき尾の短いものは大変少なく、その多くは断尾されてきました。断尾をされる犬は通常、猟犬が作業中にケガをしないように、また闘犬が相手の犬に食いちぎられないようにという方針からされてきたものですが、OESの場合は少々事情が異なります。
その名の通り「シープドッグ」つまり牧羊・牧畜犬であったOESの仕事は、家畜を追って移動させたり、護送するための使役犬でした。19世紀のイギリスでは、作業犬はペットと異なり、所有することに税金がかからないとされていました。そのため、目印としてしっぽを短くカットされていました。そこから付いたあだ名がボブテイルだったのです。

1873年のイギリスのドッグショーに始めて出展されたオールドイングリッシュシープドッグは、19世紀末にはアメリカへ輸出され、20世紀始めころには人気犬種の仲間入りを果たしました。
その独特の風ぼうやゆったりとしたイメージから、アメリカではミュージカル映画「アニー」に登場し、日本や海外の企業CM、マスコットキャラクターに採用されるなど、安定した人気を保っています。

オールドイングリッシュシープドッグの特徴

体長と体高がほぼ同じのスクエアな体型で、肩より腰の方が高い足長のプロポーションの大型犬です。
お尻の方が型よりも張っているため、ウエストを中心に洋梨のようなシルエットにも見えます。
体を揺らすように歩く独特の様子は、側対歩と言う右手と右足、左手と左足など同じ側の手足を同時にあげることが生まれます。
頭部は大きく、ストップがあり、目の色は濃いものが好ましいとされています。
歴史的に断尾されてきた犬ですが、動物愛護意識の高まりや毛量からしっぽも見えずらいことから、家庭犬として断尾されないことも増えています。
吠え声は太く響くような、独特の声をしています。
標準的なサイズは、オスの体高が61cm、メスは56cm程度です。

オールドイングリッシュシープドッグの性格

陽気さと穏やかさのバランスが良く、やんちゃな面を見せたかと思えば、飼い主を良く見て行動する賢さもある犬です。
番犬にするにはやや難があるほど人に馴れやすい個体が多く、子どもや他の動物とも仲良くできます。

オールドイングリッシュシープドッグの飼い方

大型犬で、やや太りやすい傾向があるため、散歩は毎日しっかりと行いましょう。1日に2回以上、計1~2時間以上が望ましく、若いうちはボール遊びやひっぱりっこなどの遊びをたくさん取り入れてあげましょう。

オールドイングリッシュシープドッグはかつては気性の激しい系統があった犬種ですが、育種家の努力により近年は落ち着いた犬が増えています。しかし、頑固な面があり、しつけはやや難しいことが多くあるようです。
大型犬ですので、トレーニング不足では飼いにくくなることがありますから、子犬のうちからきちんとしつけを行ないましょう。

長毛で、荒くしっかりした上毛と防水力のある下毛の、いずれも大変毛量が多いダブルコートです。
大型ですので、換毛量も多く、手入れができることが飼育の条件とも言えるでしょう。
できれば毎日、少なくとも週に3~4回以上のブラッシングやコーミング、定期的なシャンプー、夏は涼しいところでの飼育が求められます。
顔にかかる毛を伸ばす傾向がありますが、日常生活ではあまり長くなるときはリボンやゴムで止めたり、分け目をつけたりして視界を確保してあげましょう。

オールドイングリッシュシープドッグの毛色

胴体はグレー、グリズル、ブルーを基調とし、または胸部・頭部・首・手足、下腹部にホワイトが広がっていることが基本となります。

オールドイングリッシュシープドッグの気を付けたい病気

オールドイングリッシュシープドッグは長毛のダブルコートで、特に下毛は水をはじく性質がありますので、メンテナンス不足では皮膚疾患を引き起こしやすくなります。高温多湿の季節はこまめにブラッシングをし、皮膚までしっかりと通気させるとともに、皮膚病を見逃がさないようにしてあげたいものです。長毛に隠れている耳も外耳炎になりやすいので、定期的にケアをしてあげましょう。

遺伝的な疾患の傾向として心臓疾患があり、子犬~高齢まで広い世代でかかることがあります。
特に、三尖弁閉鎖不全症や拡張型心筋症の報告が多いようです。
また、遺伝的に起こりやすい病気として、進行性網膜萎縮症、白内障などの眼病があります。

そのほかに、大型犬で起こりやすい股関節形成不全症や胃捻転、また高齢になると元気消失や脱毛、肥満を招く甲状腺機能低下症にもかかりやすいようです。

オールドイングリッシュシープドッグへのおすすめ商品

商品情報から、グループサイト 『みんなのペット健康専門店』商品ページへと移動します。 ※オールドイングリッシュシープドッグにおすすめの人気商品をご紹介しています。

みんなのペット保険みんなのペット保険