レオンベルガーブリーダー子犬販売   みんなのペットライフ - レオンベルガー    みんなのペット健康専門店 - ドッグフード・犬用品の通販

レオンベルガー


英語表記
Leonberger

原産国
ドイツ

サイズ
大型犬

グループ
2G

体高
65cm~80cm

体重
34kg~50kg

レオンベルガーの歴史

レオンベルガーは、ドイツ南西部の都市・レオンベルグ市に由来する名前の大型犬です。
事の始めは1830年代末頃のこと、レオンベルグ市議員であったハインリッヒ・エスィヒが、市のシンボルであるライオンに似ている犬を作ろうと思い立ったことから育種が始まりました。
最初はランドシーアとセントバーナード、次にニューファンドランドグレートピレニーズなど、大型犬を中心に交配を重ねて、1846年には、エスィヒ氏が求めたタイプの犬が初めて誕生しました。

大きな体に明るい褐色のふさふさとした毛並みのレオンベルガーは、その穏やかさと使役能力の高さから農家などで好まれ、ドイツから外国へ紹介されて海を渡りました。しかし、古くからの愛犬国であるイギリスでの評判は散々なもので「セントバーナードとニューファンドランドの雑種」としての扱いに過ぎず、新しい犬種としては認めてもらえませんでした。しかし、威厳ある堂々とした風貌や穏やかな性質は、諸国の貴族や王族に好まれることとなり、少しずつ認知度が高まっていきました。1889年にエスィヒ氏が亡くなるまで、最高で1年の間におよそ300頭のレオンベルガーの子犬が売れたという人気で、1895年にはドイツで最初の犬種標準が作られました。

しかし、20世紀に入ると二度の世界大戦で食糧難となり、多くの犬たちがその数を減らしていきました。大きな体でたくさん食べるレオンベルガーもまた激減し、第二次大戦が終わった1946年頃に確認できたのはわずか8頭だったと伝えられています。
その8頭を基礎に、愛好家たちの努力で再び繁殖が進められ、1975年には再びイギリスへ渡りました。イギリスでもまた繁殖の努力を重ね、1988年にようやく新しい犬種としてKCイギリスケンネルクラブに登録が認められました。AKCアメリカンケンネルクラブに認められたのはさらに遅く、実に2010年になってからのことでした。
サイズが大きく住まいを選ぶものの、無駄吠えの少ない穏やかで優しい性格のレオンベルガーには日本でも熱心な愛好家がおり、毎年のように出産登録されています。

レオンベルガーの特徴

体高より体長がわずかに長く、四肢はたくましく、しっかりとした首に体とのバランスの良い頭部をしています。
ストップははっきりしており、長めのマズルをしています。目は中ぐらいの大きさで卵形、耳も中ぐらいの大きさで垂れています。中長毛で、しっぽにはふさふさの飾り毛がありますが、垂れています。手足にはニューファンドランド同様の水かきがあります。
理想の体高はオス76cm、メス70cmの大型犬です。

レオンベルガーの性格

大きな体にふさわしい大きな心で愛情深く、辛抱強い性格の犬です。家族を愛し、守ろうとするため、子どもにも優しく接します。
状況を読み取って自分で判断する賢さがあるため、来訪者をえり好みすることもあるようです。

レオンベルガーの飼い方

大きな体をしているレオンベルガーですが、激しい運動は必要ありませんが、散歩のようにじっくりと時間をかけた運動は好ましく、できれば1回1~2時間以上、1日2回行ってあげましょう。
穏やかで他の犬と争うこともなく、威厳のある姿で売られたケンカを買うことも少ない犬ですが、大きな体ですから周囲を驚かせたり怖がらせたりしますので、オフリードにしてはいけません。
ニューファンドランドの血を引いており、泳ぎが好きです。許可された場所では、思い切り泳がせてあげましょう。

賢く、落ち着いており、人の言うことを良く聞き取ろうとしますので、しつけは難しくありません。優しい性格ですので、信頼関係をしっかりと作りながらトレーニングができるでしょう。
子どもや同居の他のペットとも仲良くできます。来訪者にもあまり反応せず吠えることが少ないため、番犬には不向きです。

ダブルコートの中長毛犬で、さらに体が大きいため、被毛の手入れはかなり大変です。飼育を決める前に、十分に手入れをしてあげられるかどうかよく考えてみることも必要でしょう。
少なくとも週に3回のコーミングやブラッシングをし、定期的にシャンプーをしてあげましょう。
レオンベルガーはダブルコートの厚い被毛ですので、日本の夏は非常に厳しいです。体調管理のためにも、できるだけ室内の涼しい場所で飼育してあげましょう。

レオンベルガーの毛色

ライオン・イエロー、レッド、赤褐色、サンド(フォーン、クリーム)と、これらの色の組み合わせで、顔には必ずブラックマスクがあります。また、ブラックを基調とした毛色はドッグショーでは失格となります。

レオンベルガーの気を付けたい病気

大型犬に好発する股関節形成不全・肘関節形成不全が起きることがあります。子犬の頃から発症することがありますので、日頃から観察をし、異常に気づいたら早めに受診しましょう。

また、レオンベルガーは大型で胸が深い犬ですので、胃捻転や鼓腸症をおこすことがあります。
食事はドカ食いにならないよう1日2回に分け、消化の良いフードを与えて、食後はバタバタさせずに落ち着いて過ごさせましょう。

レオンベルガーへのおすすめ商品

商品情報から、グループサイト 『みんなのペット健康専門店』商品ページへと移動します。 ※レオンベルガーにおすすめの人気商品をご紹介しています。

レオンベルガーに関する記事

記事から、グループサイト 『みんなのペットライフ』ページへと移動します。 ※レオンベルガーに関するお役立ち・おもしろい記事をご紹介しています。

レオンベルガーのお役立ち・おもしろい記事を見る