紀州犬ブリーダー子犬販売   みんなのペットライフ - 紀州犬    みんなのペット健康専門店 - ドッグフード・犬用品の通販

紀州犬


英語表記
Kishu Inu

原産国
日本

サイズ
中型犬

グループ
5G

体高
43cm~55cm

体重
13kg~27kg

紀州犬の歴史

真っ白な被毛にがっちりとした骨格でりりしい姿の紀州犬は、その名の示す通り紀伊半島3県の和歌山・三重・奈良にまたがる山岳地帯で飼育されてきました。
もともとこの地では自然発生的に存在した犬を育て、うさぎやタヌキ、鹿や猪など猟で用いてきました。1種類の獣に対して1種類の猟犬として育種された中で、猪猟のために用いられることになったのが紀州犬です。
紀州犬には現実の犬種史とは別に、伊勢や熊野、奈良という神仏信仰が盛んな土地柄もあり、発祥にまつわる物語が伝えられています。例えば、弘法大師(空海)が修業のために霊場を訪ね歩いていたとき、そこへ導いた犬であったという伝説です。また、ケガをして苦しんでいるオオカミを助けた猟師への恩返しに、オオカミが自分の子どもを猟師に与えたというのが紀州犬の始まりという伝説もあり、紀州犬の気の強さを示す物語として知られています。

紀州と言ってもその地域は広いことから、もともとは「那智犬」「太地犬」「熊野犬」「奥吉野」などと地域ごとにに分かれていましたが、日本犬保存会に「紀州犬」として登録された際、これらの犬を1犬種にまとめることになり、紀州犬と名付けられたものです。
その後、1934年(昭和9年)に紀州犬は天然記念物として指定されましたが、このことをきっかけに、それまで何種類かの毛色が存在した紀州犬の毛色を白に統一するようにと方向性が定められました。初期には胡麻や虎毛などの毛色もいましたが、これらの色は猟の際には背景に溶け込んでしまったり、獲物の毛色と混同しやすくなってしまう危険から行われたものでした。
戦後は白色以外の紀州犬はすっかり少なくなったものの、胡麻・虎毛・黒・赤などの紀州犬は時々生まれてくることがあり、根強い愛好家も存在します。

現在でも現役の猟犬として働く紀州犬は、本来は猪とにらみ合う気の強い性質の犬ですが、飼い主に対して非常に忠実な性格でしつけがしやすいことで、近年は家庭犬としての性質が高まるように育種される傾向にあります。
タレント犬として映画やテレビ、CMなどに出演する機会も多く、安定した人気を保っていますが、一方、本来の強い性格から、危険度の高い特定犬種に指定している自治体もあるようです。
美しい容姿と適度なサイズから日本国内はもとより、近年はアメリカを中心とした外国でも人気が上昇しています。

紀州犬の特徴

体高より体長がやや長く、胸は深く背中はまっすぐで、しっかりと力強い四肢をしています。バランスの良い大きさの頭部に額は広く、ストップがありまっすぐなマズルをしています。耳は立ち耳でやや前傾し、目はつり目気味できりりとしています。しっぽは巻き尾または差し尾です。
なお、同じ紀州犬でも丸顔っぽいものや、面長でつんとした印象の顔のものもいます。
紀州犬は狼爪をつけて生まれる犬の割合が多い犬でもあります。
標準的な体高はオス52cm、メス49cm程度の大きめの中型犬ですが、近年はややコンパクトなサイズのものも増えているようです。

紀州犬の性格

落ち着いた性格で、成犬になるとはしゃぐようなことは少なく、まじめさや忠実さがあります。
警戒心がやや強く、飼い主や家族以外には慣れない面があります。
活発ではありませんが鈍重でもなく、目的なくそわそわすることが少ない犬です。

紀州犬の飼い方

紀州犬は現在でも実猟に使われる、非常に体力のある犬です。運動不足ではストレスのため攻撃性を増してしまったり、扱いにくい性格になったりすることがあります。散歩は1回1時間以上、1日2回以上しっかり行いましょう。子犬の頃はボール遊びやひっぱりっこをしても、成犬になると遊びには興味を示さなくなる個体も多いようです。

賢く、洞察力と理解力があるので、しつけそのものは難しくありません。しかし、信頼関係のない相手には従わない面がありますので、トレーニングは家族全員で行うのが望ましいでしょう。また、子犬の頃から他の犬や家族以外の人にも慣れるようにし、多くの経験と社会性を身に着けさせることが家庭で飼いやすい犬に育てるコツでもあります。
家族と認めた子どもには愛情深く接しますが、家族以外では子どもも大人もあまり懐きませんので、注意が必要です。

ダブルコートで下毛が多く、換毛期はかなり大変です。通常でも週に1~2回、換毛期は週に3回以上ブラッシングをして、抜け毛を取り除いてあげましょう。

紀州犬の毛色

基本色は白ですが、他に胡麻・虎・赤・黒などがいます。

紀州犬の気を付けたい病気

紀州犬は頑健で、好発疾患の少ない犬種でもありますが、先天的な心臓奇形である心室中隔欠損が起こることがあるとされています。

また、日本犬一般としてアトピー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎などの皮膚疾患が起こりやすいことがあるようです。
皮膚疾患の原因の一つでもある甲状腺機能低下症は、主に中年以降に甲状腺ホルモンの低下により起こります。全身の代謝がうまくいかず脱毛のため毛が薄くなったり、ぶくぶくと太って活気がなくなったりします。
これらの疾患に気づいたら、早めに病院で受診するようにしましょう。

紀州犬のブリーダーを見る

ブリーダー情報から、グループサイト 『みんなの紀州犬ブリーダー』ブリーダー紹介ページへと移動します。 ※みんなの犬図鑑では子犬に優しいブリーダー直販を推奨しています。

  • 動物取扱業登録番号
    大阪市指令健動管第531号 登録番号090082A (確認済み) ※有効期限:2020/02/01
  • 動物取扱業登録番号
    第16110027号 (確認済み) ※有効期限:2021/07/11
  • 動物取扱業登録番号
    大阪府登録 第1625-1号 (確認済み) ※有効期限:2019/05/27

紀州犬へのおすすめ商品

商品情報から、グループサイト 『みんなのペット健康専門店』商品ページへと移動します。 ※紀州犬におすすめの人気商品をご紹介しています。

紀州犬の飼い主さんによるブログ

下のリンクよりグループサイト『みんなの紀州犬ブリーダー』ブログ紹介ページへ移動します。 ※紀州犬の飼い主さんによるブログをご紹介しています。

> 紀州犬の飼い主さんブログ紹介を見る
みんなのペット保険みんなのペット保険