ケリーブルーテリアブリーダー子犬販売   みんなのペットライフ - ケリーブルーテリア    みんなのペット健康専門店 - ドッグフード・犬用品の通販

ケリーブルーテリア


英語表記
Kerry Blue Terrier

原産国
アイルランド

サイズ
中型犬

グループ
3G

体高
45cm~50cm

体重
15kg~18kg

ケリーブルーテリアの歴史

ケリーブルーテリアはアイルランドの国犬で、「アイリッシュ・ブルー」とも呼ばれるケリー州原産の古いテリアです。18世紀にはすでに犬種として成立していたと推定されています。最も古い記録として1847年頃の文献に登場しますが、それまでの詳しい歴史はわかっていません。
当時から実働する猟犬として、ネズミ、鳥、ウサギ、カワウソ、さらにアナグマのようなどう猛な害獣、さらには人間の不審者にまで勇敢に立ち向かう気の強さがある上に、飼い主の指示に忠実に従うことから、牛や羊など大動物の護衛や誘導までこなし、猟師や農家で大切に飼われてきたようです

長年、アイルランド国内で飼育されてきたケリーブルーテリアですが、1920年代になると、そのブルーの毛色の美しさからドッグショーにも出展されるようになり、人気を博します。さらにイギリス、アメリカなどへも輸出されるようになりましたが、別名を「ブルー・デビル」とあだ名されるほど非常に強いテリア気質から、家庭犬として普及しないまま、第二次大戦の影響で減少してしまいました。

しかしながら、アイルランド国内では減少はしたものの、ケリーブルーテリアは引き続き猟犬や番犬として飼育され続けてきました。戦後は社会の落ち着きとともに、再び愛犬家の注目を引くようになりましたが、長年、現役の猟犬として働いてきた気の強さが、家庭犬として普及するための障害になっていました。そこで、この犬種の愛好家たちの手によって、家庭で飼育しやすい穏やかな気質になるように、選択的な交配を重ねられました。その結果、現在では少しずつ、家庭犬として飼育されることが増えています。

ケリーブルーテリアの特徴

体長より体高が長く、前足はまっすぐで後ろ足は長く、横から見たときに全体に角ばった印象の体格をしています。マズルは中ぐらいの長さで、わずかにストップがあり、鼻は真っ黒です。耳は半垂れ耳であり、しっぽはまっすぐ上に掲げている姿が良いとされています。背中は短く、筋肉質で引き締まったプロポーションであり、テリアらしいりりしい外見をしています。
標準的なサイズはオスの体高が45.5~49.5cm、メスが44.5~48cmの中型犬です。

ケリーブルーテリアの性格

改良されて穏やかになってきたものの、気が強いとされるテリア気質をもっている犬種です。
好奇心が強く活動的で、へこたれない面があります。頑固でマイペース、家族には愛情深く接しますが、警戒心が強く見知らぬ人にはなつかないことが多いので、注意が必要です。

ケリーブルーテリアの飼い方

中型の猟犬ですので、毎日かなりの運動量が必要です。運動不足ではストレスがたまり、扱いにくい面が強くなってしまいます。十分な運動時間が取れないようなら、この犬を飼うべきではありません。
散歩は1回1時間以上、1日2回以上、できればボール遊びなどゲームの要素を取り入れてあげたいものです。
しかし、小動物が飛び出してくれば追いかけてしまったり、相性の悪い他の犬とケンカになったりすることもありますので、絶対に放し飼いにしてはいけません。

利口でよく人を見ており、頑固な面があるため、しつけのしにくい場合があります。
仔犬の頃から遊びを通じてしっかりと信頼関係を築き、しつけは中途半端にせずきちんと行いましょう。
もともと気の強い犬ですので、力で抑え込むようなことをすれば、反抗心を引出してしまうことがあります。
信頼する飼い主に対しては喜ばそうと一生懸命になる可愛い面がありますので、ほめて育てることを基本に、いけないことをした時は威厳をもって接するようにします。

テリトリーへの意識があり、仲間や家族と認めれば、子どもや同居の小動物にも親しんで接します。
しかし、外部からの侵入者には、時に容赦ない面を見せることがあります。
来客時には目を離さないようにし、ケージやクレートで待たせるトレーニングも必要でしょう。

ふわりとしたウェーブのかかった被毛は、シングルコートですので手入れは難しくありません。
週に数回のブラッシングやコーミング、また時々トリミングで毛の長さやスタイルを整えてあげましょう。

ケリーブルーテリアの毛色

ブルーの色調であり、ブラックのポイントはあってもなくてもかまいません。また、生後18か月まではブラックの単色と、タンのシェードは許されます。その後もブルーに毛色が変わらなかった場合、ショードッグとしては失格になります。

ケリーブルーテリアの気を付けたい病気

ケリーブルーテリアは白内障、緑内障、結膜炎、瞼腱内反/外反などの眼病になりやすいとされています。定期的な健康診断では目のチェックもしてもらいましょう。

数は多くないものの、この犬種独特の疾患に進行性神経疾患(小脳アビオトロフィー)があります。身体の神経が少しずつ死んでいくため、次第に全身の機能が衰えていきます。原因は、ウイルス感染や脳内出血などが考えられますが、はっきりしていないため、決定的な治療法はありません。しかし経過観察で治ってしまう子もいれば、手術をしても改善の見込みがないほど進行してしまうケースもあるようです。

ケリーブルーテリアの子犬画像・写真

子犬情報から、子犬に優しいブリーダーが直販するグループサイト 『みんなのケリーブルーテリアブリーダー』子犬紹介ページへと移動します。 ※みんなの犬図鑑では子犬に優しいブリーダー直販を推奨しています。

ケリーブルーテリアへのおすすめ商品

商品情報から、グループサイト 『みんなのペット健康専門店』商品ページへと移動します。 ※ケリーブルーテリアにおすすめの人気商品をご紹介しています。

ケリーブルーテリアに関する記事

記事から、グループサイト 『みんなのペットライフ』ページへと移動します。 ※ケリーブルーテリアに関するお役立ち・おもしろい記事をご紹介しています。

ケリーブルーテリアのお役立ち・おもしろい記事を見る

ケリーブルーテリアの飼い主さんによるブログ

下のリンクよりグループサイト『みんなのケリーブルーテリアブリーダー』ブログ紹介ページへ移動します。 ※ケリーブルーテリアの飼い主さんによるブログをご紹介しています。

> ケリーブルーテリアの飼い主さんブログ紹介を見る
みんなのペット保険みんなのペット保険