アイリッシュウルフハウンドブリーダー子犬販売   みんなのペットライフ - アイリッシュウルフハウンド    みんなのペット健康専門店 - ドッグフード・犬用品の通販

アイリッシュウルフハウンド


英語表記 Irish Wolfhound
原産国 アイルランド
サイズ 大型犬
グループ 10G
体高 76cm~86cm
体重 48kg~55kg

アイリッシュウルフハウンドの特徴

「世界で最も大きな犬」として取り上げられることの多い犬種で、足先から肩までの高さが1m近くになることもあるという超大型犬です。
スタンダードでは、オスは体重79cm以上、メスは71cm以上とされています。
被毛は剛毛で粗く、体は筋肉質で、普段はゆったりと優雅に歩きますが、ハウンド系の超大型犬種であり、走る姿は気迫が感じられます。
頭蓋骨はやや平らで、鼻先も長め、耳はローズイヤー、毛の長さは中くらいです。

アイリッシュウルフハウンドの性格

たくましい外見に見合わないほど、おっとりと優しい性格です。
感受性が強いものの辛抱強くもあるため、穏やかで落ち着いています。
子どもやほかの犬とも仲良くできますが、自分の身体の大きさと影響をわかっていないのか、しつこくされた時などに大きな動きで反応を見せることがあるようです。

特徴別の子犬を見る

グループサイト『みんなのブリーダー』の特徴から子犬を探すページへと移動します。 ※みんなの犬図鑑では子犬に優しいブリーダー直販を推奨しています。

特徴別の子犬をもっと見る

アイリッシュウルフハウンドの歴史

アイリッシュウルフハウンドは、その名の示すようにアイルランドを代表する犬の一種で、祖先犬は紀元前1500年代ころにヨーロッパから渡ってきたと考えられています。記録に残る最も古いものは紀元前400年頃、ローマへ贈り物として献上されたという内容のもので、現地の言葉で犬を意味する「ク」という名前で呼ばれていたようです。

その後、アイルランドでは狼から家畜を守るための犬としてこの犬の大型化を進め、現地の言葉で勇敢な猟犬という意味の「ク・フォアイル」と呼ばれました。大型化と同時に、猟師だけでなく農家でも飼いやすいよう勇敢ながら攻撃的ではない、従順で辛抱強い性格を与えられます。大きくゆったりとしていて飼いやすくもあるアイリッシュウルフハウンドは、ヨーロッパの貴族など裕福な家庭に望まれ、数多くが輸出されることで、アイルランドでは減少の道をたどりはじめます。さらに18世紀中ごろになって狼の駆除が進むと、アイリッシュウルフハウンドはその兄弟犬種であるスコティッシュディアハウンドとともに、番犬や猟犬としての存在意義がなくなってしまいました。19世紀には飢饉により多くの家で飼育困難となり、絶滅寸前まで追いやられることになったのです。

しかしその後、この犬種の愛好家であったグラハム氏の手で、復活がはかられることなりました数少ない純血のアイリッシュウルフハウンドに、スコティッシュハウンドやグレート・デンなどをかけあわせて近親交配を避けながら育種が重ねられました。
そして19世紀末ごろにはドッグショーに出展されるようになり、堂々とした体格と優しい性格が大評判となりました。

アイリッシュウルフハウンドの飼い方

性格的には穏やかで家庭犬向きながら、巨大な体格を健全に保つため、広いスペースを必要とします。
また、重い体重を支えるうちに、腕や足などに硬いタコができてしまいがちです。皮膚が弱くなると破れて出血したりひび割れたりしますので、普段から柔らかい敷物の上に寝かせるようにしましょう。

ハウンド犬種(猟犬種)であり、運動量を必要とします。1日に1時間以上の散歩に加え、成長期には十分な運動時間を与えてあげましょう。運動不足では筋肉が落ちて、大きな体を支えにくくなってしまいます。また、筋力の低下で足腰や背中、肩を痛めてしまうことがあります。子犬の頃からしっかりと運動させて、丈夫な体を作っておくことが大切です。

我慢強いために穏やかに見えますが、本来は感受性が強くデリケートな面があるため、心ない扱いをされると傷ついてしまい、体調不良の原因となることがあります。大きな犬ですので、トラブル防止のためにもしっかりとしつけをする必要がありますが、この犬種の優しく繊細な面を理解した上で、根気よく行なってあげたいものです。
基本的な性格は穏やかなものの、立ち上がると2m近くになる個体もいるほど大きな犬ですので、子どもやお年寄りだけで散歩に行くのは望ましくありません。突然走り出すことがあれば引きずられてしまいます。生後6カ月程度で人間と同じくらいの体重にまで育ちますので、十分にしつけのできていない若い犬のうちは、人や車の飛び出しで刺激を受けない散歩コースを選ぶようにしましょう。

剛毛で粗い毛質ですので、手入れは難しくありません。必要に応じて目のまわりに伸びた毛を短くカットし、定期的なブラッシングやシャンプーを行って、清潔に保ってあげましょう。

アイリッシュウルフハウンドの毛色

大変多くの毛色があり、グレーやレッド、フォーンを中心にブリンドルも許されます。ほかにブラック、ピュア・ホワイトなどがあります。また、兄弟犬種であるディアハウンド同様の毛色も容認されます。

アイリッシュウルフハウンドの気を付けたい病気

胸の深い超大型犬ですので、胃捻転にかかりやすいため、食事の与え方には注意が必要です。
ドカ食いを避け、食後は運動させたり興奮させたりせずに、落ち着いて過ごさせるようにしましょう。
消化器系では、精神的な原因で食欲不振や下痢などを起こすことがあります。
また、体型的な理由や遺伝的理由で、股関節形成不全や、心筋症などの心臓疾患が起きやすい傾向があります。
超大型犬ですので、寿命が短い傾向があり、10歳まで生きられないことも多くあるようです。
早めの検査や治療、投薬で、体調の維持に努めましょう。

アイリッシュウルフハウンドの里親募集

現在、アイリッシュウルフハウンドの里親募集はありません。

下記のリンクから、その他の犬の里親募集情報をご覧いただけます。※グループサイト『hugU(ハグー)』へと移動します。

> 犬の里親募集情報を見る

アイリッシュウルフハウンドに関する記事

下記のリンクをクリックすると、グループサイト 『みんなのペットライフ』ページへと移動します。 ※アイリッシュウルフハウンドに関するお役立ち・おもしろい記事をご紹介しています。

アイリッシュウルフハウンドのお役立ち・おもしろい記事を見る

アイリッシュウルフハウンドへのおすすめ商品

下記のリンクをクリックすると、グループサイト 『みんなのペット健康専門店』へと移動します。 ※アイリッシュウルフハウンドにおすすめの人気商品をご紹介しています。