北海道犬ブリーダー子犬販売   みんなのペットライフ - 北海道犬    みんなのペット健康専門店 - ドッグフード・犬用品の通販

北海道犬


英語表記
Hokkaido Inu

原産国
日本

サイズ
中型犬

グループ
5G

体高
49cm~52cm

体重
20kg前後

北海道犬の歴史

日本土着の日本犬は、秋田犬柴犬など6種類ありますが、北海道犬もそのひとつです。
これらの日本犬は巻尾または差尾、立ち耳に短毛のダブルコートで猟犬であるという点で共通しています。同じ祖先を持ち、歴史的に大変長い時間をかけて人の移動と共に地域別に定住することになり、選択繁殖や交雑によってそれぞれの特性が発達し純血化したものと推測されています。
北海道犬の先祖犬は本州に住んでいた土着犬であり、人々の移動と共に北海道へ渡りました。別名をアイヌ犬と呼ばれるように、古くからアイヌ民族と共に生活してきたとされています。その頃から本州の日本犬との交雑がなくなって純血が維持されやすい環境にあったようです。アイヌ民族の言葉では、北海道犬は「セタ」と呼ばれています。

アイヌ民の狩猟はヒグマやエゾシカなどの大きな獣で、特に獰猛なヒグマ猟においては、非常に強い気質の猟犬が求められてきました。さらに、北海道の冬の厳しい気候に耐える被毛や体格の犬が生き残ることにより、北海道犬は自然にその性質が強められてきました。
中型犬でありながら大型犬以上の強さとたくましさを持ち、複数の犬でヒグマやエゾシカに襲い掛かり、飼い主である猟師(マタギ)が止めを刺すまで獲物の動物に咬み付いて離さないのが良い猟犬であるとされてきた歴史があるため、気性が荒いというイメージが持たれているようです。
多くの日本犬がまたそうであるように、北海道犬も「一代一主」の犬として、信頼するただひとりの飼い主に対しては忠実で愛情を尽くし、猟に出た時と同じ犬かと疑うほどの親しみを見せるとされています。

北海道犬は展覧会と同時に獣猟競技会という大会を同時に行うことがあります。檻の中にいる熊に対して北海道犬をけしかけ、その闘争姿勢を評価するという競技会です。こうした競技会に出る犬や実猟に使う犬は、負けん気の強いことが大切ですので、猟に関係のない部分では服従訓練をあえて行わないことがあります。気性が激しい、気が強いと言われるのはこうした一面に特化して繁殖し成育させた場合に顕著ですが、家庭犬に向いていないわけではありません。子犬の頃から家庭犬として服従訓練を十分に行い、他犬と触れ合わせる機会を多く与えて社会性を備えさせ、けじめのある愛情をこめて育てた場合では、非常に愛情深く忠実な良い家庭犬となります。
近年では携帯電話会社のキャラクターとして採用されたことから、一般家庭の飼い犬としては白毛の北海道犬に人気が集まっているようです。
なお、北海道犬の血統書発行は、天然記念物北海道犬保存会、天然記念物北海道犬協会、日本犬保存会、ジャパンケンネルクラブなどがそれぞれ行っています。全体として登録数が少なく、国内では子犬から老犬まで含めて7000頭程度しか存在しないのではないかと推計され、毎年の新規出産登録数も600頭程度とされていることから、希少種と言ってよいほどの頭数となっています。

北海道犬の特徴

北海道犬は、鼻の付け根には浅いストップがあり、やや離れた位置に立ち耳、しっぽは巻尾または差尾で、厚いダブルコートの被毛です。特に前胸から腕の前半分の体はがっちりとしており、胸の深いしっかりした構成です。
体重18kg~20kgとなるやや大きめの中型犬で、体高は43〜52cm程度とされています。
甲斐犬チャウチャウのように、舌に青い斑点を持つ個体がしばしばあります。

北海道犬の性格

北海道犬は聴覚や嗅覚が優れており、警戒心と相まって周囲の状況を敏感に読み取ります。行動は場面により大胆にも慎重にもなるため、気性が荒いとばかり思われがちですが、家庭においては穏やかであり、主人に対しては大変忠実で従順です。

北海道犬の飼い方

北海道犬は獣猟犬の性質をクローズアップされることが多い犬種ですが、犬種としての性格は、服従心があり、辛抱強く訓練や環境に耐え、自立心があることがあげられます。
運動量も必要ですので、家庭犬として飼育する場合は子犬の頃から十分な散歩の時間を取り、訓練やしつけを通じて飼い主とコミュニケーションを重ねて強い信頼関係を築く必要があります。
子犬時代から可愛いと甘やかすだけでは手の付けられない犬になってしまう可能性がありますが、信頼関係をしっかり築ければ、大変聞き分けよく賢い、またとないパートナーとなるでしょう。

北海道の地域に適応した厚いダブルコートです。本州以南で飼育する時は、夏の換毛期は相当の抜け毛がありますので、週に2回以上はブラッシングを行ってあげましょう。

北海道犬の毛色

北海道犬は赤、黒、白、狼灰、黒褐色、胡麻、虎などがあります。

北海道犬の気を付けたい病気

厳しい北海道の気候に適応して育種されてきた北海道犬ですので、基本的には頑健です。
しかし、本州以南の家庭で飼育する場合は、夏季の高温多湿が皮膚疾患の原因となる場合があります。
抜け毛が皮膚にとどまらないように、こまめにブラッシングをして、風通し良くしてあげましょう。

中高齢になるとどんな犬でも、老化による疾患が増えてきます。シニアになると心臓病や関節炎、白内障などの眼病、腎臓病などかかりやすくなります。定期的な健康診断を受けるとともに、元気がないな?と思ったら年のせいばかりにせず動物病院を受診しましょう。

北海道犬のブリーダーを見る

ブリーダー情報から、グループサイト 『みんなの北海道犬ブリーダー』ブリーダー紹介ページへと移動します。 ※みんなの犬図鑑では子犬に優しいブリーダー直販を推奨しています。

  • 動物取扱業登録番号
    大阪市指令健動管第531号 登録番号090082A (確認済み) ※有効期限:2020/02/01
  • 動物取扱業登録番号
    北海道第121310178号 (確認済み) ※有効期限:2018/04/10

北海道犬へのおすすめ商品

商品情報から、グループサイト 『みんなのペット健康専門店』商品ページへと移動します。 ※北海道犬におすすめの人気商品をご紹介しています。

北海道犬の飼い主さんによるブログ

下のリンクよりグループサイト『みんなの北海道犬ブリーダー』ブログ紹介ページへ移動します。 ※北海道犬の飼い主さんによるブログをご紹介しています。

> 北海道犬の飼い主さんブログ紹介を見る
みんなのペット保険みんなのペット保険