ミニチュアピンシャーブリーダー子犬販売   みんなのペットライフ - ジャーマンピンシャー    みんなのペット健康専門店 - ドッグフード・犬用品の通販

ジャーマンピンシャー


英語表記
German Pinscher

原産国
ドイツ

サイズ
中型犬

グループ
2G

体高
45cm~50cm

体重
14kg~20kg

ジャーマンピンシャーの歴史

小型犬のミニチュアピンシャーや中型犬のジャーマンピンシャーの姿に「ドーベルマンを小さく改良した犬」というイメージをもつ人も多いかもしれません。実は、それは逆で、これらの犬種で一番古く、育種の土台となったのがこのジャーマンピンシャーです。
その起源については定かでないことが多いものの、ドイツでは1879年という極めて早い時期に犬種として認定されている、古くから存在する犬種であることは間違いありません。

ジャーマンピンシャーの祖先は、スタンダード・シュナウザーの祖先と同じ母犬の腹から生まれた同胎子、つまり兄弟犬でした。その中で、剛毛で中長毛の方は「ワイヤーヘア・ピンシャー」、短毛の方は「スムースヘア・ピンシャー」と呼ばれて、この同腹同胎の兄弟は別々の犬種として育種が始まりました。そしてワイヤーヘアの方はスタンダード・シュナウザーになり、スムースの方がジャーマンピンシャーとなったのです。そのため、外見の良く似ているドーベルマン・ピンシャーやミニチュア・ピンシャーよりも、スタンダード・シュナウザーの方がより近縁であると考えられているのです。

他の多くの純血種の犬たちと同じように、ジャーマンピンシャーも第一次・第二次世界大戦のため数が減少し、絶滅への道をたどりました。原産国ドイツ(当時の西ドイツ)でも、1949年から1958年の10年間において1腹の出産もなかったとされています。そこで、ドイツ人の愛好家ワーナー・ユング氏は他の繁殖者たちとともに、西ドイツに残っていたミニチュア・ピンシャーの中から大きなものを探し当て、ジャーマンピンシャー種再生のために使うことにしました。
同時に、当時まだ西ドイツと反目し合っていた東ドイツに入り、1頭のメスのジャーマンピンシャーを密輸入し、繁殖を再開したのです。そのため、1959年の血統登録簿では、この時に使われた犬たちの血統のルーツを、さかのぼって確認することができません。そして現存するジャーマンピンシャーの血統をさかのぼると、すべてこの5頭のいずれかにたどりつくのです。

ジャーマンピンシャーの特徴

体長と体高がほぼ同じで、滑らかな短毛のコートの下から筋肉の形がうかがえる、無駄のないプロポーションをしています。わずかにアーチ型の優雅さを感じさせる首に小さな頭、顔には少しのしわが寄っています。本来は垂れてV字型を形成している耳ですが、断耳される場合はまっすぐに立ちます。なお、動物愛護精神を尊重し、断耳は断尾とともに見合わせることがあります。
滑らかな短毛で覆われた中型犬です。標準の体高はオスメスともに45~50cmがのぞましいとされています。

ジャーマンピンシャーの性格

明るく元気で活発、賢く敏捷で、辛抱強さも十分です。家族への愛情は深く、子どもとも仲良くできます。
警戒心はありますが、リーダーの指示をよく汲み取るので、訓練されたジャーマンピンシャーは来客にも行儀よく接することができます。

ジャーマンピンシャーの飼い方

健康上のメリットはもちろん、ジャーマンピンシャーの美しいシルエットと筋肉を維持するためにも、運動は毎日しっかり行ってあげましょう。
理想的には1回1時間以上で1日2回以上、可能であればドッグランなど安全な場所で走らせてあげましょう。

賢く物覚えが良いので、しつけには苦労をしないでしょう。
ただし、中型犬で力があるので、散歩の際などリードを引かないようにトレーニングすることは大切です。
テリトリー意識から来客などに無駄吠えすることがあります。警戒心が過剰に育つことのないよう、子犬の頃から人慣れの機会を増やすと同時に、安心できる環境を作ってあげたいものです。

短毛のため、被毛の手入れは難しくありません。定期的にコーミングやシャンプーをしてあげましょう。
また、日本の冬の寒さは、短毛のジャーマンピンシャーにはややつらいものです。できるだけ室内で飼育してあげましょう。

ジャーマンピンシャーの毛色

ブラウンは、ディアー・レッド、レディッシュ・ブラウン、ダーク・レッド・ブラウンまでのさまざまな色調があります。
ブラック・アンド・タンの場合は、ブラックがベースであり、レッドやブラウンのマーキングが入ります。

欧米の一部で、フォーン&タン、チョコレート&タン、ハーレクインなど本来のジャーマンピンシャーに存在しない毛色を導入しようと、無理な繁殖を行っているケースがあります。淡色やマールなど先天性疾患と深く関連している毛色もありますので、ジャーマンピンシャーでこのような毛色の子犬を入手する際は、十分に検討する必要があります。

ジャーマンピンシャーの気を付けたい病気

ジャーマンピンシャーは戦後70年の短い間にわずか5頭の犬から繁殖・育種された経緯から、近親交配による遺伝疾患を念頭に置く必要があります。
比較的起こりやすいとされている疾患は、遺伝性白内障、股関節形成不全、血液疾患であるフォン・ヴィレブランド病、拡張型心筋症などの心臓病、免疫不全を原因と推定するアトピー性皮膚炎や発熱、関節炎などがあげられます。

ジャーマンピンシャーの価格相場

グループサイト、『みんなのミニチュアピンシャーブリーダー』における、直近1年間の子犬ご成約時の平均価格は約37万円、最高価格は37万円、最低価格は37万円です。
※一般的に子犬の価格は犬種スタンダードに近いかどうか、血統、顔、毛色、体の大きさ、月齢などの要因で変動します。

ジャーマンピンシャーのブリーダーを見る

ブリーダー情報から、グループサイト 『みんなのミニチュアピンシャーブリーダー』ブリーダー紹介ページへと移動します。 ※みんなの犬図鑑では子犬に優しいブリーダー直販を推奨しています。

  • 動物取扱業登録番号
    動愛59号 (確認済み) ※有効期限:2021/08/01
  • 動物取扱業登録番号
    14東京都販第101270号 (確認済み) ※有効期限:2020/02/18
  • 動物取扱業登録番号
    16東京都販第102302 (確認済み) ※有効期限:2021/06/09

ジャーマンピンシャーへのおすすめ商品

商品情報から、グループサイト 『みんなのペット健康専門店』商品ページへと移動します。 ※ジャーマンピンシャーにおすすめの人気商品をご紹介しています。

ジャーマンピンシャーに関する記事

記事から、グループサイト 『みんなのペットライフ』ページへと移動します。 ※ジャーマンピンシャーに関するお役立ち・おもしろい記事をご紹介しています。

ジャーマンピンシャーのお役立ち・おもしろい記事を見る

ジャーマンピンシャーの飼い主さんによるブログ

下のリンクよりグループサイト『みんなのミニチュアピンシャーブリーダー』ブログ紹介ページへ移動します。 ※ジャーマンピンシャーの飼い主さんによるブログをご紹介しています。

> ジャーマンピンシャーの飼い主さんブログ紹介を見る

ジャーマンピンシャーの関連犬種

みんなのペット保険みんなのペット保険