狆(チン)ブリーダー子犬販売   みんなのペットライフ - 狆(チン)    みんなのペット健康専門店 - ドッグフード・犬用品の通販

狆(チン)


英語表記
Chin

原産国
日本

サイズ
小型犬

グループ
9G

体高
25cm前後

体重
4kg~5kg

狆(チン)の歴史

狆が日本に入ってきた時期は諸説あり、最も早いのは500年代に仏教伝来とともに入ってきたとされるもので、続いて日本書紀の記録による632年頃に朝鮮から贈られたとされる記録、続日本紀に記された732年に朝鮮から贈られたという記録、さらに824年にも同じく朝鮮から贈られたという記録があります。
一方で、外国からの贈り物ではなく、日本から中国や朝鮮に渡った使者が持ち帰った犬という記録も600年代~900年代頃に残されています。この期間には多くの狆が日本に入ってきたとされており、日本の皇族に大切に飼育されていたようです。
これらの説に異を唱え、戦国時代に日本に入ってきたという説もありますが、17世紀初めに渡来したイギリス人によりイギリスへ持ち帰られた記録があることから、すでにこれより前の時代に日本に入っており、改良が続けられてきたと考えられるでしょう。また、1853年には、黒船で来日した米国人ペリー提督により数頭が持ち帰られました。このうちの2頭は、犬好きで知られたイギリスのビクトリア女王に献上されたとも伝えられています。

日本国内では、生類憐みの令で知られる徳川綱吉の頃には、江戸城で飼われていたこともあるようです。この頃の狆は、皇族や高級武士、資産家の商家などで大変可愛がられて、贅沢三昧の生活をしていたそうです。歌舞伎や人形浄瑠璃の演目「伽羅先代萩」では、不遇の身をかこつ登場人物が、お犬様と大切にされ贅沢な食事を与えられる狆の姿を目の当たりにして「いっそ狆になりたい・・・」と口にする有名な場面があるほどの暮らしぶりでした。
長らく上流家庭ばかりで飼われていた狆ですが、江戸時代になり庶民の生活が安定すると、一般庶民でも生活にゆとりがある層にまで狆の飼育が広がっていきました。
そして皮肉なことに、ペリーの黒船来航後、日本が開国の道を歩むようになると、海外から輸入された犬がもてはやされ、狆の数は大変少なくなっていきました。狆がイギリスのケンネルクラブに公認されたのは、日本では開国されてまもない1870年となっています。実はこの時代に狆の改良に積極的に取り組んだのはイギリスやフランスの愛好家たちであり、近代以降はこれらヨーロッパから逆輸入された優れた狆を交配に加えて改良され、現在に至ります。

狆という名前の由来は、犬よりも猫に近いと考えられていたためとか、「ちいさいいぬ」という言葉が短くなったためなどと言われています。
イギリスで公認登録された当初はジャパニーズ・スパニエルとされていましたが、後年、ジャパニーズ・チンに改められました。

狆(チン)の特徴

狆の体高と体長がほぼ同じ長さの小型愛玩犬です。耳は前方に垂れており、毛は長く、丸く大きな眼と短い口吻です。
体高はオスでは25cm、メスはやや小さ目とされています。

狆(チン)の性格

狆は愛玩犬として大変歴史が長く、人のそばで暮らしてきたため、飼い主の様子をよく見て賢く振る舞います。
そのため神経質に傾く個体がありますが、全体としてはおとなしく、愛嬌のある性格です。
繊細な面があるので乱雑に扱われることに許容範囲が狭いものの、攻撃的な反抗をするのではなく、子供などにしつこくされると距離を取るようになります。

狆(チン)の飼い方

狆は活発ですが短吻の小型犬ですので、激しい運動は向かない個体も多くいます。
散歩は1日20~30分程度で、室内での遊びなどを採り入れましょう。
日本の犬ですが高温多湿の気候には弱く、特に夏は朝晩の涼しい時間に気分転換程度の外出にとどめておきましょう。

人懐こく従順な性格ではありますが、プライドが高い面がありますので、服従型の訓練は入りにくいことがあります。トイレの失敗なども決して強く叱らず、根気よく教えていく必要があります。

被毛はシングルコートと言われてきましたが、ダブルコートの個体も少なからずいるようです。
いずれの場合も毛量は豊かで、ダブルコートでは換毛の時期になると抜け毛が多くあります。
オーバーコートの長毛は細い直毛ですが、絡まりやすいので週に数回はブラッシングでほぐしてあげましょう。
ダブルコートでは下毛に空気を入れて蒸れないように気を付けてあげましょう。

狆(チン)の毛色

狆には白地に黒又は赤茶色の大きな斑があり、顔の斑は体の斑と同じ色で、顔の中心から左右対称にあるのが美しいとされています。また、鼻ぺちゃを際立たせるような幅の広いブレーズが額から顔中心に広がっているものが好ましいとされています。

狆(チン)の気を付けたい病気

狆で起こりやすい病気として、膝・肘の関節形成不全や、これに伴う脱臼、亜脱臼があります。
小型犬に多いこの病気は、犬種作出の過程で小さくするために、体の小さな親を使うことで引き起こされると言われています。骨格の形成が不十分な個体を繁殖に使うことで、その素因が引き継がれ、子孫の骨格も成長不十分となるのです。
狆では「膝(肘)の関節がゆるくてすぐはずれる」という声が飼い主より聞かれます。関節がゆるいという状態が形成不全であり、それがはずれてしまうことが脱臼、亜脱臼で、痛みを伴うことが多くあるようです。
若犬の頃からレントゲン検査などで異常を早期に発見し、無理な運動を避けながら関節を守るための筋肉をつけるようにする、場合によっては手術を検討する必要があります。
同じように頭部骨格の形成不全も見られ、先天的に頭蓋骨に穴が開いています。ひどい場合は頭を上げると立てないとう状態になります。

狆(チン)の価格相場

グループサイト、『みんなの狆(チン)ブリーダー』における、直近1年間の子犬ご成約時の平均価格は約17万円、最高価格は25万円、最低価格は8万円です。
※一般的に子犬の価格は犬種スタンダードに近いかどうか、血統、顔、毛色、体の大きさ、月齢などの要因で変動します。


狆(チン)の名前ランキング

2016年

男の子

1位
ぶい
2位
夢空
3位
小太郎
4位
承太郎
5位
未定
6位
那由他
7位
8位
9位
10位

女の子

1位
さつき
2位
はな
3位
まゆ
4位
宝珠
5位
6位
7位
8位
9位
10位

狆(チン)の子犬画像・写真

子犬情報から、子犬に優しいブリーダーが直販するグループサイト 『みんなの狆(チン)ブリーダー』子犬紹介ページへと移動します。 ※みんなの犬図鑑では子犬に優しいブリーダー直販を推奨しています。

狆(チン)のブリーダーを見る

ブリーダー情報から、グループサイト 『みんなの狆(チン)ブリーダー』ブリーダー紹介ページへと移動します。 ※みんなの犬図鑑では子犬に優しいブリーダー直販を推奨しています。

  • 動物取扱業登録番号
    第41590251号 (確認済み) ※有効期限:2020/12/15
  • 動物取扱業登録番号
    北海道091310171号 (確認済み) ※有効期限:2018/11/04
  • 動物取扱業登録番号
    第227114018号 (確認済み) ※有効期限:2019/08/26
  • 動物取扱業登録番号
    青森県第121003号~121005号(販売、訓練、保管) (確認済み) ※有効期限:2017/05/29
  • 動物取扱業登録番号
    茨城第1513号 (確認済み) ※有効期限:2017/10/22
  • 動物取扱業登録番号
    大阪市指令健動管749 (確認済み) ※有効期限:2018/03/10
  • 動物取扱業登録番号
    第31115号 (確認済み) ※有効期限:2017/05/20
  • 動物取扱業登録番号
    川崎市27多販第1号 (確認済み) ※有効期限:2020/11/29
  • 動物取扱業登録番号
    熊本県天保H24販売第3号 (確認済み) ※有効期限:2017/05/27
  • 動物取扱業登録番号
    生衛第1022号 (確認済み) ※有効期限:2021/07/17
  • 動物取扱業登録番号
    動保第120346号 (確認済み) ※有効期限:2018/02/05
  • 動物取扱業登録番号
    青森愛護 第061014号 (確認済み) ※有効期限:2021/07/05
  • 動物取扱業登録番号
    熊本県八保H28販第1号 (確認済み) ※有効期限:2021/04/24
  • 動物取扱業登録番号
    横浜市健動指令第556号 (確認済み) ※有効期限:2022/03/14
  • 動物取扱業登録番号
    第061055号 (未確認)

狆(チン)へのおすすめ商品

商品情報から、グループサイト 『みんなのペット健康専門店』商品ページへと移動します。 ※狆(チン)におすすめの人気商品をご紹介しています。

狆(チン)の飼い主さんによるブログ

下のリンクよりグループサイト『みんなの狆(チン)ブリーダー』ブログ紹介ページへ移動します。 ※狆(チン)の飼い主さんによるブログをご紹介しています。

> 狆(チン)の飼い主さんブログ紹介を見る
みんなのペットコミュニティ ミテミテみんなのペットコミュニティ ミテミテ みんなのペット保険みんなのペット保険