チェサピークベイレトリバーブリーダー子犬販売   みんなのペットライフ - チェサピークベイレトリバー    みんなのペット健康専門店 - ドッグフード・犬用品の通販サイト

チェサピークベイレトリバー


英語表記
Chesapeake Bay Retriever

原産国
アメリカ

サイズ
大型犬

グループ
8G

体高
53cm~66cm

体重
25kg~36kg

チェサピークベイレトリバーの歴史

チェサピークベイレトリバーのふるさとは、アメリカ合衆国の東、メリーランド州。陸地では1月の平均気温が1℃に満たないこの土地に面し、複雑な海岸線を描き入り組んでいるのがチェサピーク湾(ベイ)です。中世から近代までイギリスの植民地としてタバコなどを栽培していた地域で、交易船の行来が多く、18世紀には造船業でも栄えたと言われています。
1807年、メリーランド州の沖合で難破した船を救助する際、貨物の中から助け出された2頭の子犬が、チェサピークベイレトリバーの始まりでした。この犬たちはラブラドールレトリバーの祖先と推定されているセントジョーンズレトリバーあるいはその近縁であったと考えられています。

救出された犬たちは、成長するにつれて優れたレトリーブ(猟の獲物を回収する)能力を発揮するようになって行きました。そのことが評判となり、レトリーブ能力をさらに高めるためにさまざまな犬との交配が始まります。数代にわたってアイリッシュウォータースパニエル、オッターハウンド、フラットコーテッドレトリバーカーリーコーテッドレトリバー、そしてこれらの雑種、さらにはニューファンドランドも交配されて、現在のチェサピークベイレトリバーに近い姿にまで形作られました。
こうして生まれたのが、厳寒の水辺でも果敢に飛び込みタフな働きを見せる頼もしい水猟犬チェサピークベイレトリバーだったのです。

アメリカ合衆国原産の犬であるチェサピークベイレトリバーは、1878年には純血犬種としてAKCアメリカンケンネルクラブに認められ、愛好家の間では「チェシー」と呼ばれています。しかし、アメリカ国内ではラブラドールやゴールデンなどイギリス原産のレトリバー種の方がなぜか人気が高く、チェシーたちが流行の犬種になることはありませんでした。日本国内でも同様の傾向で、現在でも年に数十頭の登録しかないほど数少ない個体数の犬種です。

チェサピークベイレトリバーの特徴

体高より体長がやや長く、がっちりとした骨格とたくましい筋肉、適度な皮下脂肪があり、力強さを感じさせる体格の大型犬です。短毛で毛はカールしており、ダブルコートの下毛は水をはじくための皮脂を含んでいます。
頭部は丸く、中ぐらいのマズルにストップがあり、垂れ耳、開口部は大きく水鳥を加えて運ぶのも容易です。

チェサピークベイレトリバーの性格

チェサピークベイレトリバーは、数あるレトリバー種の中で、猟犬として最も優れた能力をもつと言われています。
基本的には明るく陽気で、賢く、度量があります。自分で判断する知性や自立心と飼い主に対する服従心の両方をバランスよく保持しています。
家族に対する情愛が深く、小さな子どもや同居の小動物を守ろうとします。

チェサピークベイレトリバーの飼い方

チェサピークベイレトリバーは非常に体力のある大型犬で、十分な運動量を必要とします。散歩は1回1時間以上を1日2回以上、できればドッグランで走らせ、ボール遊びなどのゲームも取り入れてあげましょう。また、水遊びが大好きなので、許可されている水辺などで思い切り泳がせてあげると喜ぶでしょう。

大変頭がよく、人の意志を汲み取ろうとし、飼い主を喜ばせようとしますので、特に子犬の頃のしつけは難しくありません。しかし、成長するにしたがって我が強くなることがありますので、時間をかけてしっかりとした信頼関係を作っておく必要があります。
ドッグスポーツや服従訓練などの競技会にも向いています。体力や性格を見極めて、挑戦してみるのも良いでしょう。

被毛は短毛で巻き毛なのに意外と抜けます。下毛に皮脂が含まれているので重いため抜け毛が残りやすく、皮膚トラブルの原因となることがあります。特に換毛期は週に3~4回程度はブラッシングをしてあげましょう。
寒さには大変強い犬ですが、日本では本州~九州の暑い夏は堪えます。気温の安定した室内で飼育してあげましょう。

チェサピークベイレトリバーの毛色

ブラウン、セッジ、デッドグラス、タンなど、ブラウン系で濃淡さまざまなバリエーションがあります。胸や腹、指などにわずかに白が入るのは許されますが、できるだけ単色が好ましいとされています。

チェサピークベイレトリバーの気を付けたい病気

チェサピークベイレトリバーは、純血種としては比較的遺伝性疾患が少なく、頑健な傾向があります。
一般的な大型犬や、レトリバー種に見られる疾患に注意しておきましょう。

レトリバー種ほか大型の犬でときどき見られるのが股関節形成不全で、多くは2歳くらいまでに発見されます。成長期は十分に運動させて骨格を支える筋肉をつけてやると同時に、股関節の異常に注意して観察をしましょう。
また、大型犬で胸の深い骨格の犬では、胃捻転が発生しやすくなります。ドカ食いをさせないよう食事は1日2回以上に分け、食後すぐの運動を避けて落ち着いて過ごさせるようにしましょう。

垂れ耳の犬種であり、脂性の強い皮膚ですので、外耳炎は起こりやすいと言えます。
耳周辺の毛は風通し良く整え、定期的に掃除をしてあげましょう。

このほかには、進行性網膜萎縮、フォン・ヴィレブランド病、白内障、皮膚疾患などがあげられます。

チェサピークベイレトリバーのブリーダーを見る

ブリーダー情報から、グループサイト 『みんなのチェサピークベイレトリバーブリーダー』ブリーダー紹介ページへと移動します。 ※みんなの犬図鑑では子犬に優しいブリーダー直販を推奨しています。

  • 動物取扱業登録番号
    尼保生第2820号-2 (確認済み) ※有効期限:2019/06/24

チェサピークベイレトリバーへのおすすめ商品

商品情報から、グループサイト 『みんなのペット健康専門店』商品ページへと移動します。 ※チェサピークベイレトリバーにおすすめの人気商品をご紹介しています。

チェサピークベイレトリバーに関する記事

記事から、グループサイト 『みんなのペットライフ』ページへと移動します。 ※チェサピークベイレトリバーに関するお役立ち・面白い記事をご紹介しています。

チェサピークベイレトリバーの記事を見る