ケアーンテリアブリーダー子犬販売   みんなのペットライフ - ケアーンテリア    みんなのペット健康専門店 - ドッグフード・犬用品の通販

ケアーンテリア


英語表記
Cairn Terrier

原産国
スコットランド(イギリス)

サイズ
小型犬

グループ
3G

体高
28cm~31cm

体重
6kg~8kg

ケアーンテリアの歴史

ケアーンテリアは「テリアの中で最も古い」と言われることがありますが、実は少し違います。イギリス・スコットランド原産のテリアたちは、もともと1つのテリアから作りだされた犬種でした。その基礎となったテリアに最も近い姿が残っていると言われるのがケアーンテリアなのです。

ケアーンテリアの土台になったテリアは、スコティッシュ・テリアと呼ばれていました。1873年になって、そこからダンディ・ディモントンテリアとスカイテリアに分かれ、スカイテリアはさらに15年後、ハードヘアード・テリアと分かれます。このハードヘアード・テリアから生まれたのがケアーンテリアと黒いスコッチ・テリアでした。ちなみに、スコッチ・テリアから生まれる白い個体を基礎に作りだされたのが、ウエストハイランド・ホワイトテリアです。

こうしてスコットランドからは、現在も世界中で愛されているテリアたちが生まれましたが、小さな体で猟犬としてきびきびと働き、勇敢で飼い主に忠実な気質はテリアたちに共通していました。
ケアーンテリアは、祖先を思わせる素朴な風貌とキツネやウサギ、ネズミなどの小動物に対する強い猟欲が好まれ、農村部で飼育されてきました。
ケアーンテリアがその名を与えられたのは1912年のことで、「ケアーン」とはスコットランドで「石積み」を指し、ケアーンテリアは仕事場の一つとして、石のすきまのネズミなどを追い出して捕獲していました。

時代の流れによって、ケアーンテリアたちは実猟の現場から遠ざかり、家庭犬やショードッグとして洗練されていきました。しかし、この犬種の愛好家たちは祖先のテリアに近い素朴な姿を愛好したため、愛玩犬化した他のテリアたちのように手を加えずに育種を続けています。
21世紀の現代もケアーンテリアたちは、テリアらしい外見と気質を十分に保持して、テリア好きの心をつかんでいます。

ケアーンテリアの特徴

体長が体高よりやや長く、幅広い頭部に立ち耳、マズルはやや短く、黒い鼻をしています。
しっぽはまっすぐで、背負っていてはいけません。
しっかりとした四肢をもち、前足に体重をかけた力強い立ち姿です。コートは硬質のダブルコートです。
標準的な体高はおおよそ28~31cmの小型犬で、好ましい体重は6~7.5kgとされています。

ケアーンテリアの性格

大変わかりやすいテリア気質で、陽気で活発、行動的で勇敢、飼い主に対しては忠実ですが、頑固でゆずらない面もあります。
かなり気の強い面があるため、他人や他の犬とは相性を選びますが、家族や家庭内の他の動物には愛情深く接します。

ケアーンテリアの飼い方

小型犬ですが活発な猟犬ですので、運動は十分に必要です。1回30分以上の散歩を1日2回以上、できればボール遊びなどゲームを入れてあげましょう。
猟欲の強い面があるので、通りすがりに出会った小動物を追ってしまうことがあります。そうなるとなかなか飼い主の指示に従いませんので、決して放し飼いにしてはいけません。

ケアーンテリアは、はじめて犬を飼う人には、やや難しい面があります。
頑固でしつけがしにくく気の強い面もありますので、トレーニングでは根気よく接する覚悟が必要です。
好奇心が強く陽気で、へこたれない前向きな性格を生かしたしつけが大切です。
力に頼らず、犬に振り回されることなく毅然とした態度で接し、愛情深く飼育することで、飼い主の気持ちにこたえようとする犬に育つでしょう。

被毛はダブルコートですが、換毛期以外の抜け毛は少ないため、比較的手入れをしやすいでしょう。
換毛期以外やブラッシングやコーミングを、換毛期はストリッピングをして古い毛を抜き取ってあげましょう。

ケアーンテリアの毛色

クリーム、ウィートン、レッド、グレー、ブラックと、ブリンドルとなります。耳やマズルは黒っぽくなります。
ケアーンテリアのブリンドルは、子犬~若犬~シニアまで何度も毛色が変わると言われています。

ケアーンテリアの気を付けたい病気

ケアーンテリアは遺伝的に眼病が起きやすい犬種とされています。特に注意したいのが、緑内障、白内障、進行性網膜萎縮症です。
進行すると視力障害から失明に至ることがありますので、様子がおかしいと思ったら早めに動物病院を受診するようにしましょう。

また、ケアーンテリアは比較的皮膚疾患を起こしやすいとされています。ストリッピングがうまくできない飼い主さんは、自分でやらずに技術のあるトリマーに依頼することをお勧めします。また、アレルギーやアトピー性皮膚炎など皮膚の弱い子の場合は、ストリッピングは見合わせましょう。
中年期以降になると甲状腺機能低下症になり、毛が生えにくくなったり、太ってくることがあります。
活動量も落ち元気消失しますので、心当たりがあれば動物病院で検査をしてもらいましょう。

ケアーンテリアは遺伝的に慢性腎不全にかかりやすい犬種であることが確認されています。
慢性腎不全は、異変に気づいたときはかなり進行している病気です。健康診断は定期的に行い、血液検査や尿検査で早期発見・早期治療に努めてあげましょう。

ケアーンテリアの価格相場

グループサイト、『みんなのケアーンテリアブリーダー』における、直近1年間の子犬ご成約時の平均価格は約15万円、最高価格は15万円、最低価格は15万円です。
※一般的に子犬の価格は犬種スタンダードに近いかどうか、血統、顔、毛色、体の大きさ、月齢などの要因で変動します。

ケアーンテリアへのおすすめ商品

商品情報から、グループサイト 『みんなのペット健康専門店』商品ページへと移動します。 ※ケアーンテリアにおすすめの人気商品をご紹介しています。

ケアーンテリアに関する記事

記事から、グループサイト 『みんなのペットライフ』ページへと移動します。 ※ケアーンテリアに関するお役立ち・おもしろい記事をご紹介しています。

ケアーンテリアのお役立ち・おもしろい記事を見る

ケアーンテリアの飼い主さんによるブログ

下のリンクよりグループサイト『みんなのケアーンテリアブリーダー』ブログ紹介ページへ移動します。 ※ケアーンテリアの飼い主さんによるブログをご紹介しています。

> ケアーンテリアの飼い主さんブログ紹介を見る
みんなのペット保険みんなのペット保険