エアデールテリアブリーダー子犬販売   みんなのペットライフ - エアデールテリア    みんなのペット健康専門店 - ドッグフード・犬用品の通販

エアデールテリア


英語表記 Airedale Terrier
原産国 イングランド(イギリス)
サイズ 中型犬
グループ 3G
体高 56cm~61cm
体重 21kg~23kg

エアデールテリアの特徴

体長と体高がほぼ同じ長さのスクエア型で、力強さを感じさせる筋肉質の体をしています。胸はひじに届くほど深く、背中は短くまっすぐで、手足やしっぽもまっすぐな、全体に四角い印象を与えるプロポーションです
頭部も長く、頭頂部は平らで、ストップはほとんどありません。目は小さく、耳はV字型に垂れています。
エアデールテリアは家庭犬となっても習慣的に断尾が行われてきましたが、近年は動物愛護精神の高まりにより、原産国イギリスでも断尾を避けられるようになりました。
全身を巻き毛に覆われた中型犬で、標準的な体高は、オス58~61cm、メス56~59cm、体重は21〜23kg程度とされています。

エアデールテリアの性格

エアデールテリアは、明るく元気で活発で、頑固で勇敢で負けず嫌いという、テリアらしい性質の犬です。
性格的に一直線な面があるため、ときにはそそっかしい行動で家族を笑わせます。
テリアとしては辛抱強い方で、家族であればほかの犬や子どもとも仲良くできますが、しつこくされると早々に怒り出してしまうことがあります。

特徴別の子犬を見る

グループサイト『みんなのブリーダー』の特徴から子犬を探すページへと移動します。 ※みんなの犬図鑑では子犬に優しいブリーダー直販を推奨しています。

特徴別の子犬をもっと見る

エアデールテリアの歴史

テリアの中で最も大きく、「キング・オブ・テリア」と呼ばれるエアデールテリア。勇敢で賢く、判断力がありながら服従心も強く、堂々とした姿に品格があります。運動能力も高く、原産国のイギリスを始め、日本を含めた世界各国で警察犬として働いていることからも、その実力がうかがい知れる犬種です。

エアデールテリアの成立は比較的新しく、19世紀にイギリス・ヨークシャー州のエア川流域で作出、育種されました。カワウソ猟が盛んであったこの地域では、オッター・ハウンドが多く飼育されていました。その性能をさらに高めた犬への要求から、ブル・テリアやオールド・ブラックタン・テリア、マンチェスター・テリアなどを交配して作られたのが、エアデールテリアでした。
猟において、エアデールテリアの能力は素晴らしく、カワウソ猟や水鳥を狙った水猟のみならず、キツネやウサギのような小動物からアナグマのような凶暴な獣猟まで、幅広くその才能を発揮して、猟師から大切にされていました。

その後、1864年ごろには初めてイギリスのドッグショーに出展されましたが、その当時は「ウォーターサイド・テリア」と呼ばれたり、「ビングレー」と呼ばれたりしていました。しかし愛好家たちはこの名前に満足せず、「エアデールテリア」の名称を作りだし、1878年には正式な名称として登録されました。
20世紀に入る頃にはアメリカにも輸出され、勇敢でありながら愛情深い性質から、ドラマやアニメ映画のモチーフとなることもありました。

日本に入ってきたのは昭和初期、イギリスから輸入されて日本軍の軍用犬として採用されました。現代では数は少ないものの、家庭犬や警察犬、ショードッグとして、根強い愛好家に支えられています。

エアデールテリアの飼い方

活発なテリア犬種であり、中型犬ですので、毎日かなりの運動が必要になります。ストレスがたまると不満から、扱いにくい犬になってしまいます。子犬時代からシニアになっても、健康なうちは1回1時間以上の散歩を1日2回以上行なってあげましょう。
もともとは優秀な猟犬ですので、散歩中に出会った小動物や超小型犬、猫などに対して、本能的な反応を示すことがあります。賢い犬ですが、決して放し飼いにしてはいけません。
思い切り走らせたいときは、ドッグランやアジリティなどのスポーツに挑戦させてあげましょう。

頑固でゆずらない面がありしつけにくいことがある反面、好奇心が強く、自分で考える知性と判断力があります。強引なしつけには反抗的になりますが、ほめられると素直に反応し、自分から学習して見せるという向上心があるので、信頼関係を築き、上手にしつけられれば手がかかりません。このあたりのまじめな性格と人間のような心の動きにすっかり魅了されてしまう愛好家も多いようです。

抜け毛の少ない犬種ですので、家庭犬としての被毛の手入れは週に3回以上のコーミングやブラッシングと定期的なシャンプー、カットで十分です。ショードッグのような立派な剛毛を維持したければ、プラッキングという毛を抜く作業が不可欠です。技術があるトリマーに依頼するのがいいでしょう。

エアデールテリアの毛色

首としっぽ、馬の鞍(サドル)のように見える胴体部分は、ブラックまたはグリズルに限ります。それ以外はすべてタンでなくてはいけません。

エアデールテリアの気を付けたい病気

エアデールテリアは進行性網膜萎縮(PRA)や角膜ジストロフィー、まぶたの異常(内反、外反)、結膜炎などの眼病が起きやすいとされています。
また、1~2歳頃までに股関節形成不全・肘関節形成不全、若年性腎不全が発見されることがあります。

中年齢以上では、拡張型心筋症、僧房弁閉鎖不全症などの心臓疾患や、甲状腺機能低下症が現れることがあります。

エアデールは中型~大型犬で胸が深い犬に起こりやすいとされる、胃捻転が起きやすい体型をしています。。ドカ食いを避けるために食事は1日2回以上に分けて与え、食後は落ち着いて過ごさせるようにしてください。

エアデールテリアの里親募集

現在、エアデールテリアの里親募集はありません。

下記のリンクから、その他の犬の里親募集情報をご覧いただけます。※グループサイト『hugU(ハグー)』へと移動します。

> 犬の里親募集情報を見る

エアデールテリアに関する記事

下記のリンクをクリックすると、グループサイト 『みんなのペットライフ』ページへと移動します。 ※エアデールテリアに関するお役立ち・おもしろい記事をご紹介しています。

エアデールテリアのお役立ち・おもしろい記事を見る

エアデールテリアへのおすすめ商品

下記のリンクをクリックすると、グループサイト 『みんなのペット健康専門店』へと移動します。 ※エアデールテリアにおすすめの人気商品をご紹介しています。