スキッパーキブリーダー子犬販売   みんなのペットライフ - スキッパーキ    みんなのペット健康専門店 - ドッグフード・犬用品の通販

スキッパーキ


英語表記
Cchipperke

原産国
ベルギー

サイズ
小型犬

グループ
1G

体高
25cm~40cm

体重
3kg~9kg

スキッパーキの歴史

スキッパーキはベルギー原産の犬で、15世紀には存在したと考えられている犬種です。
ポメラニアンやスピッツに似たその外見から、同じ祖先の北方系スピッツが起源ではないかと考えられていますが、はっきりしません。
それというのも、スキッパーキの起源には、いずれも有力とされる2つの説があり、議論が続いているからです。

そのひとつは、ベルギーでは船の番犬として飼われていたという説で、船乗りのことを「スキップ」船乗りのことを「スキッパーキ」と呼んだことから始まったというものです。しかしこの説については、同じスピッツ系のキースホンドが船の番犬として飼われていたことから、混同したのではという説もあります。
もうひとつ、フランダース地方原産のルー・ベルナールという外見の良く似た黒い牧羊犬を祖先とするという説で、これを大きく改良したベルジアン・シェパードとの近縁と推定されています。同じベルギーを原産とし、家畜を追っていたのがベルジアン・シェパード、小型化されてねずみ駆除のために使われていたのがスキッパーキという説です。

ネズミ捕りのためによく働く猟犬であり、番犬でもあったスキッパーキは、市民や職人のあいだで好んで飼われていました。特に靴職人のあいだでは人気の犬で、靴に使う皮革や真鍮などを利用して職人が作る犬の首輪は、職人のセンスや腕前を示すための格好の材料となりました。

そして1885年、スキッパーキはベルギーで行われたドッグショーに出展されましたが、この時、ベルギー王妃のマリー・アンニエットがスキッパーキを見初めたことから人気が高まり、一気に人気が高まりました。この頃からイギリスやアメリカにも輸出されはじめ、イギリスではブームが巻き起こったとも言われています。
3年後の1888年には、ベルギー国内の育種家たちによって犬種標準も作られましたが、数年後に流行が終わると人々の関心はしぼんでしまい、スキッパーキたちは減少して行きました。
しかしながら、スキッパーキの育種家たちは、ベルギーを代表する犬種として熱心に繁殖を続け、戦乱の時期を乗り越えて、安定した人気と個体数を維持できるようになりました。

スキッパーキの特徴

体長と体高がほぼ同じくらいの、スクエアな体型をしています。ずんぐりとした胴体に比べて細くまっすぐな足をしており、首回りの被毛が特徴的です。頭部にはストップがあり、マズルはとがっていますが長くはありません。ダークブラウンの目は卵形であり、耳は三角形です。
しっぽは断尾されてきましたが、近年は動物愛護精神のため行わないことも多くあります。
標準的な体重はオスメスともに3kgから9kgのあいだとされています。

スキッパーキの性格

スキッパーキは元気で明るく、好奇心が旺盛でありながら慎重な面もある犬種です。
周囲の状況に敏感で反応しやすい面があるため、番犬の仕事を良くこなします。
家族には愛情深く接しますが、わがままで聞かないこともあり、来客など見知らぬ人には警戒心を示すことが多くあります。

スキッパーキの飼い方

小さな体ですが牧羊犬であり番犬でもあった経緯から、運動量は十分に必要です。少なくとも1回30分、1日2回以上は連れ出してあげましょう。ストレスを解消してしつけやすい子に育てるため、庭やドッグランではボール遊びなどの自由運動でたっぷりと遊んであげたいものです。

非常に敏感で反応が早く、自信があり、また大変賢いので、飼い主の先回りをして行動しようとすることがあります。そのため、飼い主の指示を聞かずに自分の判断で行動することがしばしばありますので、初めて犬を飼う人にはしつけにくい面があります。トレーニングは根気よく、またきっちりとできるように行いましょう。
仔犬の頃は、しつけはもちろんのこと落ち着いた性格に育てることも大変重要です。そのためには、他の犬や家族以外の人間に十分に慣らす機会を作り、我慢強さを引き出すトレーニングを行うことが必要でしょう。

被毛は中長毛のダブルコートのため、週に2~3回以上はブラッシングやコーミングをして抜け毛を取り除き、定期的にシャンプーをしてあげましょう。

スキッパーキの毛色

ブラック、チョコレート、クリームなどがありますが、斑の入っているものはドッグショーでは失格となります。

スキッパーキの気を付けたい病気

スキッパーキは、甲状腺機能低下症が起きやすい犬種とされています。この病気は甲状腺ホルモンの分泌が低下する病気で、中年以上になると発症することが多く、脱毛や元気消失、除脈などの症状となって現れます。
また、代謝が下がると同時に活発さを失いますので、肥満しやすくなります。
中年以上になったら「もう年だから・・・」と思わずに、ホルモン検査を受けてみましょう。

また、スキッパーキは股関節形成不全症、レッグ・ペルテス(大腿骨骨董壊死)などの小型犬に起きやすいタイプの関節疾患が起きることがあるようです。
歩き方がおかしいな?と思ったら、早めに動物病院を受診しましょう。

スキッパーキのブリーダーを見る

ブリーダー情報から、グループサイト 『みんなのスキッパーキブリーダー』ブリーダー紹介ページへと移動します。 ※みんなの犬図鑑では子犬に優しいブリーダー直販を推奨しています。

  • 動物取扱業登録番号
    茨城県第1502号 (確認済み) ※有効期限:2017/10/10
  • 動物取扱業登録番号
    栃木県動愛セ 12販第020号 (確認済み) ※有効期限:2017/09/24

スキッパーキへのおすすめ商品

商品情報から、グループサイト 『みんなのペット健康専門店』商品ページへと移動します。 ※スキッパーキにおすすめの人気商品をご紹介しています。

スキッパーキに関する記事

記事から、グループサイト 『みんなのペットライフ』ページへと移動します。 ※スキッパーキに関するお役立ち・おもしろい記事をご紹介しています。

スキッパーキのお役立ち・おもしろい記事を見る

スキッパーキの飼い主さんによるブログ

下のリンクよりグループサイト『みんなのスキッパーキブリーダー』ブログ紹介ページへ移動します。 ※スキッパーキの飼い主さんによるブログをご紹介しています。

> スキッパーキの飼い主さんブログ紹介を見る
みんなのペット保険みんなのペット保険